| Home |
映画 カティンの森
2010年4月10日、つい最近の悲しい事故なので記憶に新しいと思う。
カチンスキポーランド大統領夫妻を乗せたワルシャワ発ツポレフ154ポーランド軍101が、ロシア西部スモレンスクの空港に向け着陸態勢に入ったところで墜落した。

第2次世界大戦中にポーランド軍の将校ら2万人以上を旧ソ連軍に虐殺された『カティンの森(カチンの森)』事件から70年の今年。
同機にはポーランド主催の追悼式典に出席の為、ポーランドの要職を担う96人(中88人が公式訪問団)が乗り合わせていた。

70年の長き年月を経て、今年ロシアとポーランドの間で和解に向けて動き出していた矢先の出来事で事態の推移が見守られる。
4月7日、既にロシア西部スモレンスクではロシアプーティン首相がポーランドのトゥスク首相を訪ね、慰霊碑へ参拝、犠牲者追悼式で「正当化できない全体主義による残虐行為」とソ連の責任を認め和解を演出していた。

今回、ロシアの首脳のスモレンスク入りは初めてで、両国揃っての追悼式典も初であった事もあり、和解の幕を開くためにも10日に予定されていたポーランドが主催する追悼式には、濃霧の悪天候の中であっても、墜落した大統領専用機は目的の空港に下り立たねばならなかったのだ。

 
ロシア国営テレビは2日、同事件を告発するポーランド映画『カティンの森』(アンジェイ・ワイダ監督、2007年製作)を国内で初めて放映した。
インタファクス通信によると、ワイダ監督も7日、ポーランド代表団の一員として式に出席していたそうだ。



そして、そのワイダ監督の『カティンの森』を観た。4月28日2010年
ニュース速報で事故を知った時、わたしはこの映画が公開されていた事はまだ知らなかった。




「カティンの森」予告動画

1939年9月、ナチス・ドイツとソ連軍の両方に侵攻されたポーランド。
ポーランド東部にあるブク川の橋の上で、西からドイツ軍に追われる人々と東からはソ連軍に追われた人々が出くわす。

西側からの人の波の中に夫アンジェイ大尉(アルトゥル・ジミイェフスキ)を探すアンナ(マヤ・オスタシェフスカ )と娘のニカがいた。
東側からは大将夫人のルジャが車で逃げ出すところであった。
お互いが自分の向かう方向が安全であると信じて。

アンジェイ大尉と友人のイェジ(アンジェイ・ヒラ)達将校は集められ捕虜にされていた。
アンナは幸運にも夫が捕虜として連れ去られる前に探し出す事が出来、夫に共に逃げ出す事を懇願するが、アンジェイ大尉は国への忠誠の為、妻と子を置いて移送されてしまう。
アンジェイ大尉はソ連軍が捕虜の人道的扱いに関する条約『赤十字条約』に加盟していない事を知っており、手帳にあるがままを書きとめていた。

ロシア人少佐の善意により助けられ何とかナチス占領下のクラクフの夫の実家に苦労の末帰って来たのだが、その夫の父ヤンも義父の勤めるヤギェロン大学の教授たちも反ナチスと有無も言わせずドイツ軍に逮捕されてしまった。
その義父の死を知らせる通知、帰らぬアンジェイ大尉をひたすら待ち続ける義母、妻、娘の3人。

1943年不可侵条約を破ってソ連領に侵攻したドイツ軍が発見したカティンの森のおびただしい数の遺体。
ソ連軍の捕虜にされた将校たちは移送された後流れ作業のように銃殺されたのだ。
後頭部を撃ち抜かれた彼らはパワーショベルの掘り起こす穴へ次々と放り込まれた。
友人イェジから借りたセーターを着たアンジェイにも土がかけられ、ソ連軍のよる虐殺事件は闇に隠されてしまった。 

ドイツの敗北でポーランドはソ連に占領され、政治的自由は勿論、多くの優れた人々を奪われた事により、国を復興するのにどれほどの力が必要であっただろう。。。
 

第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるなど各国の映画祭で高く評価されたこの作品は第二次大戦下に起こった84歳になるワイダ監督の家族の歴史でもある。
隠されていた真相を淡々と描いた素晴らしい作品であり、そこに紛れも無く生きていた人々に光を当てた真実の歴史である。 


カティンの森 
監督・脚本:アンジェイ・ワイダ
原作:アンジェイ・ムラルチク
脚本:ヴワディスワフ・パシコフスキ / プシェムィスワフ・ノヴァコフスキ
撮影:パヴェル・エデルマン
音楽:クシシュトフ・ペンデレツキ
キャスト:マヤ・オスタシャースカ、アルトゥール・ジミエウスキー、マヤ・コモロフスカ
ヴワディスワフ・コヴァルスキ、アンジェイ・ヒラ、ダヌタ・ステンカ、ヤン・エングレルト
2007年・ポーランド 
122分
R-15
12月15日2009年公開





事故で亡くなられた方々、カティンの森で亡くなられた人々、全ての戦争の犠牲者のご冥福をお祈りいたします。
何時の日か争いのない日が訪れる事を願って。。。


<初回生産特典>
特製アウターケース
豪華解説書(16P)
 5月7日(金)2010よりDVDが発売開始されるみたい。。今日だ!
 

THEME:映画ワクワク - GENRE:映画
映画ワクワク】 | CM(6) | top↑
<<吾照里 オジョリで冷麺を  | Home | うさぎの未来>>
comments
歴史と事実は、小説よりも重い時が多いよね。
これもその一例なんだなって思うよ。

未来ちゃん、元気になったね~!
なんだか、後姿がうれしそう☆
きっと草むらって、ウサギだったら好きだと思うよ。
よかったね!

【2010/05/08 04:27】URL | panipopo #nmwP0wpU[ EDIT]
Fuwariちゃん、こんにちは!
↓ 未来ちゃん元気になったんだね!
以前体力が弱ってるって聞いてたから…
原っぱで嬉しそうにしてるね!

ウサギにも感情はあるよ!
私の姪っ子もうさぎを飼ってるの!
怒った時はぶぅ~ぶぅ~て鼻をならすし、
名前を呼べば来るよ!

未来ちゃんもよ~く見れば瞳の奥が笑ってると思う~♪

【2010/05/08 15:16】URL | nanako #p620bhqE[ EDIT]
 お久し振りです。好い物を見せて貰いました。親切にしてくれたロシア人家族が居ました。お婆さん・お袋さん・本人と、ポーランド人との事でした。知り合いが居ると、その人の国に興味を持つのが人間です。ポーランドに関する事が出て来ると、ついつい頭にインプットされてしまうものですね。

 ポーランドの歴史は、国家の消滅を何度か経験させられている歴史ですね。ポーランド人の日本人好きは、ヨーロッパでも良く知られている処ですね。
 トルコにしろポーランドにしろ、過去の日本の善行に対して、感謝を以って現在に語り継がれている国民の心の様な物を感じて、感謝したくなります。心に語り継ぐ事の出来る純朴さを忘れてしまったら、その国には、人間としての顔が無く為ってしまいます。

 あなたは、サムライの様な日本人です。そして、優しくてとても、面白人です。私たち家族は、日本人が大好きです。あなたは、私達の家族です。何時でも来て下さい。歓迎します。これは、私の母が作ったお菓子です。母からのあなたのお母さんへのプレゼントです。

 こんな心に残る思い出を作ってくれたポーランド人に、肌の色・髪の色・国は違っても、人間には人間の接し方が有るんだ。・・・そんな大きな感想を持っている次第です。

 へへへ、またまた、とんでもない長いコメントに為ってしまいましたね。ゴメンナサイね。
【2010/05/08 19:27】URL | 心何処 アガタ・リョウ #-[ EDIT]
戦争は本当に人を残酷にしてしまうよ;; 
panipopoちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

未来、元気になったでしょう。
あの時は体重が半分になってしまっていたからね。
なんとか助けたい!そんな気持ちでいっぱいでした。
今はぷっくぷくになってぴょんぴょん飛び跳ねているよ^-^
心配を掛けちゃったね^^;

うん、歴史の重さ、戦争の悲しさをこの映画は静かに語っているの。
素晴らしい作品だったよ。 
【2010/05/08 20:11】URL | ★panipopoちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
うさぎって本当にかわいいんだよね^-^ 
nanakoちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

わぁ~、ありがとう、元気になったでしょう^^
外はあまり好きじゃないと思っていたんだけど、この原っぱでまったりしていたよ。
嬉しそうに見える?ほんとぉ^^良かった♪

感情、やっぱりあるの?
この子、ポーカーフェイスなもんで、よく分からないの^^;
そうそう、あはは^▽^ぶぅ~ぶぅ~て鼻鳴らしているよ。
名前を呼んで、来るときと来ない時があるんだよ。
でも分かっているんだね。
姪っ子さんのおうちのうさぎさんは何歳くらいなんだろう^-^  
【2010/05/08 20:13】URL | ★nanakoちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
日本人のそんな良い感情を持ってくれているんですね^-^ 

アガタ・リョウさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

お久しぶりです^^
お母様もお元気そうですね。

ポーランド人にお知り合いがいらっしゃるんですね。
とっても温かくって素敵な思い出をお持ちですね。 
人と人との関係ってやっぱり思いやりの気持ちひとつで深くもなれば無関心な関係にもなってしまうものね。
アガタ・リョウさんのお人柄がそのポーランドの方の気持ちにしっくり響いたんでしょうね。
なかなか外国の方と交流を持つ事って少ないので、そのお付き合いは大切にしたいですね。

ポーランドは地理的な事もあり、ナポレオンに壊滅状態にされたり、本当に気の毒な歴史を持っていて、この飛行機事故のニュースを聞いた時も、国民の皆さんの事を思うと、溜まらない気持ちになりました。
これだけの要人を失うって、これからまた大変ですよね。
頑張って欲しいです。

このカティンの森、機会がありましたらアガタ・リョウさんも是非ご覧頂けたらと思います。
長文のコメント、有難いですよん。
またお立ち寄りくださいね。   
【2010/05/08 20:15】URL | ★アガタ・リョウさんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア