| Home |
100年前のアリス Alice in Wonderland1903-1915
アリス・イン・ワンダーランドは日に日に人気をあげているそうです。
GWで沢山の家族連れが映画館で楽しまれているんでしょうね。

 
Alice Pleasance Liddell Alice Pleasance Liddell


今日5月4日はそのAlice in Wonderland、不思議の国のアリス、鏡の国のアリスの主人公アリスのモデルであるアリス・プレザンス・リデル(Alice Pleasance Liddell)の誕生日です。
1852年5月4日~1934年


Alice Pleasance Liddell Alice Pleasance Liddell



ジョン・テニエルのアリスの挿絵とはかなりイメージが違い、実際のアリスは黒髪のボブヘアーでオリエンタルな目鼻立ちのはっきりした顔立ちだった為、作者であるルイス・キャロルは不満を抱いていたそうです。


1852年5月4日、王室の血を引く上流階級に生まれ、1880年28歳で大地主の治安判事と結婚し3人の子供をもうける。。
1862年、10歳の時に姉ロリーナ、妹イーディスと一緒に作家ルイス・キャロルとボートで川を遡った時に即興で話してもらった物語が不思議の国のアリスの元になる物語です。 

こう見ると挿絵と全く違う風貌ではあるけれど、ニコリともしないチーキーな彼女こそアリスであると思えます。
少女愛好家であったルイス・キャロルはこの頃、数多くの様々な写真を撮っていたが、アリスが11歳の時に母親から子供達の写真を撮る事を拒まれ、以降疎遠になる。

Alice Pleasance Liddell


ルイス・キャロルの心の秘密は48歳を最後に突然終わった。
撮影はルイス・キャロル。

彼の趣味とはまた別に、150年も前の写真ですが、コスプレして撮られた何点かの写真を見てセンスの良い素敵な写真であるように思えます。
趣味嗜好の世界は芸術とのラインが凄く曖昧じゃないかと思い、、、好きじゃなければヨク撮れないし、もっとヨク撮りたい気持ちがのめり込ませる。
でも作品へのヨクはいいけれど、自分の欲はタブーであります。 


そんなアリスに関連した素晴らしいDVDの動画を。  




Alice in Wonderland (1903) 世界最古の映画
(↑クリックでYoutubeの別窓がひらきます)
 
1903年に世界で最初に映画化された『不思議の国のアリス』

←Alice in Wonderland (1903) ウィキペディア(Wikipedia)へ
  


昨年2009年4月に発売された 不思議の国のアリス 1903-1915 [DVD]

このDVDには1903年版8分(完全版)と1915年版52分(完全版)の2作が納められています。
1903年版は何故だかセシル・ヘプワース監督はカエル役も演じているそうです^m^
1915年版はジョン・テニエルの挿絵が見事に着ぐるみで再現されたW.W.ヤング監督による完全映画化も製作されましたが、このフィルムは1915年の米国公開後行方不明になり日本では未公開のまま幻の映画として知られるようになったそうです。




Alice In Wonderland (1915) Part 1 of 5
 



Part 2 of 5        Part 3 of 5     Part 4 of 5

Alice In Wonderland (1915) Part 2 of 5
Alice In Wonderland (1915) Part 3 of 5
Alice In Wonderland (1915) Part 4 of 5



Alice In Wonderland (1915) Part 5 of 5


アリス役はヴィオラ・サヴォイ、かなり大人っぽい印象の少女ですね。
着ぐるみであるがゆえか、不可思議な不安な世界がファンタジックに映画化されています。
107年、95年以上経った今もこの素晴らしい映像はアリスファンだけでなく映画ファン必見です。

これ絶対に買おっっと\(゚▽゚=))/


収録時間:60分
制作年:1903、1915
    モノクロ、サイレント(BGM付)
監督:パーシー・ストウ(1903)/セシル・ヘプワース(1903)
   W.W. ヤング(1915)
原作:ルイス・キャロル
出演:メイ・クラーク(1903)/セシル・ヘプワース(1903)/
   ビオラ・サヴォイ(1915)

アリスカードは同封されているみたいだけど、初回特典のアリスのお茶会メモ付きはもうないだろうな・・


 
 
不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)

「不思議の国のアリス」の誕生―ルイス・キャロルとその生涯 (「知の再発見」双書)



アリス・イン・クラシックス (単行本)浅尾 典彦

画像に合わせたシナリオまでも丁寧に採録したフィルムストーリー
テニエルの挿絵と『地下の国のアリス』のルイス・キャロル自筆の挿絵なども収録した見所いっぱいの興味深い一冊。
 

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著
翻訳: 山形浩生 
挿画:ジョン・テニエル

原作、読んでみてね。

←2010.04.19 Mon 過去記事
  アリス・イン・ワンダーランドAlice in Wonderland

今日はめちゃめちゃ重いかも。。

THEME:映画DVD - GENRE:映画
DVD わくわく】 | CM(20) | top↑
<<うさぎの未来 | Home | Disney Alice in Wonderland ふしぎの国のアリス>>
comments
ふう~ん。へえ~~。ほお~~~~。こんな事はじめて知った。物知りだねえ・・・・ふわりちゃん。
アリス見たいんだけどねえ・・いけるかな???
【2010/05/04 22:31】URL | 森の子 #T61DVtR6[ EDIT]
ただいま~♪無事帰りました~!!
そうなの。パパりんの実家から日帰り温泉だったのです☆

アリス、私も好きなのでこれ見たいけれど、ルイス・キャロルが少女愛好家だったなんて知らなかったかも・・^^;
この写真見ると、お母さんが撮らないでというのも分かる気がするかも・・

素晴らしい想像力の持ち主だったことは確かですよね~
鏡の国のアリスも読んだけど、もうお話忘れちゃったなあ~(^_^;)

【2010/05/04 23:39】URL | ゆみぴい #-[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/05 04:38】 | #[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/05 22:53】 | #[ EDIT]
ふわりんちゃん。。。おはよ(^◇^)さっすがふわりちゃん、こんなこと全然知らなかったよ(@_@;)朝から勉強になりました。
花畑のあのポテト気になってたの。そっか。。美味しいんだね。田中さんも、ここんとこちょっと大変そうだもの。もういっちょう、がんばってほしいな。
で。。。初夏の虫たちの写真が、やっぱり素敵☆
心がクリアになったよ。元気をもらって帰りまーす(*^^)v
【2010/05/06 07:23】URL | けっちん #JnoDGgPo[ EDIT]
この少女の顔、好きだなぁ~。
かたちは少女なんだけれど大人みたいで
すごく素敵な子。どんな大人になったのか
知りたいくらい。

不思議はまだ「不思議」感が理解できるけれど「鏡」の方はめっちゃやばいよねぇ~。そのやばさにずっと魅了され続けてるよ私も(笑)
【2010/05/06 12:53】URL | モニ #rZVnCLd6[ EDIT]
こういう風にいろいろ調べて歴史的なこととか書いてもらうと、すごく読みごたえもあるし、うんちく好きなわたしとしては、とっても嬉しいですm(__)m
貴重な昔の映像ものせてくれて、ありがとう!!
自分では絶対見つけられませんでした(^^ゞ
【2010/05/06 13:52】URL | プリン #IUMVgB5s[ EDIT]
こんにちは♪
実在していた人物だとは
知りませんでした。
勉強になりました♪
なんだか奥が深いですね~♪
【2010/05/06 15:05】URL | あやtan #-[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/06 19:39】 | #[ EDIT]
お久しぶりです!!
Fuwari Funwariさん、こんばんは!
すっかりご無沙汰してしまってスイマセン。。。

この記事、とーってもイイですね!!
すごく勉強になったし、面白かったです♪
アリスが実在の少女をモデルにしてるってのは、聞いたことがあったんですが、
ルイス・キャロルって、そっちの趣味があったんですね・・・ちょっと複雑(笑)

でも、おっしゃるとおり、好きすぎないと芸術的な域まで辿り着けないのかもしれませんね。
【2010/05/06 23:31】URL | ひさし #-[ EDIT]
相当忙しいみたいだね、大丈夫?^-^ 
森の子ちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

わゎ、森の子ちゃん、物知りじゃないから調べたんだよ~^m^
アリス、本当に観たい?笑
最近は直ぐにDVDが出るから、忙しい森の子ちゃんはdvdで観る方がいいかもね^-^
あんまり興味がない記事なのにコメント、、ありがとうね~♪
 
【2010/05/08 18:58】URL | ★森の子ちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
バイキングがめっちゃ美味しそうだった^-^ 
ゆみぴいちゃん、こんにちは♪ 
コメントありがとうございます^-^

おかえり~。で、もうセミナーにもご参加なんだもんね^^
精力的だよ。
うん、ほんと人って色んな背景があるね。
この写真は魅力的過ぎてヤバイよね。汗

鏡の国のアリスは相当いっちゃってるもんね^^
  
【2010/05/08 18:59】URL | ★ゆみぴいちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
徐々に進展しているね^-^
鍵panipopoちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

海外はとっくに公開していたから^^;
dvdが直ぐに出て観られるよ。てか、もう出ているかもね。
なんでも海賊版が出ないうちにdvdを出すんだって。

素敵なhpが出来そうでとっても楽しみ♪
無理しないでゆっくりね^-^
【2010/05/08 19:01】URL | ★鍵panipopoちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
白樺水、届いたよ~~~ん^◇^ 
鍵ちゃんこちゃん、こんにちは♪ 
コメントありがとうございます^-^

わたしは最初にアニメを観たからどっちも好きなの^^
アリスの本は大人にとっても不可思議で楽しいお話だもんね。
ちゃんこちゃんは本派だね♪
映画は結構楽しめるよ。

えへへ、ちゃんこちゃん、届いたよ~~~^▽^
嬉しいよ、ありがとーーーーパチパチ~八(´∀`*) 
【2010/05/08 19:02】URL | ★鍵ちゃんこちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
日光でパワー貰ってきた?^-^ 
けっちんちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

これは普通は知られていない事だよね。
ムーミンの作者のトーベ・ヤンソンがレズだったって事とかもあんまり知らないから。。
生身の人間像ってあまり必要じゃないからかな^^

花畑の天使のポテト、どうかなぁ~って思っていたけれど、かなり美味しかったよ。
うん、田中さんとこ、日本人の飽きっぽさを考えてなかった訳じゃないもんね。
色んな商品を出しているから大丈夫かな^^
  
【2010/05/08 19:05】URL | ★けっちんちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
この顔、魅力あるよね^-^ 
モニちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

この顔、本当に魅力的だよね。
ルイス・キャロルが惹かれてしまったのも少し分かる。っていっても、趣味はないよ。笑
そうそう、鏡の国の方は、そうとうイッテルんじゃないかの世界だよね。笑

 
【2010/05/08 19:07】URL | ★モニちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
プリンちゃん、早速頑張ってるでしょう^-^ 
プリンちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

そうなの~^^プリンちゃんはウンチク好きっていうより、物知りだもんね^^
この映像は凄いでしょう?
わたしも観たときはびっくりしたよ。
こんなに古いものなのに素敵でしょう^-^ 
【2010/05/08 19:09】URL | ★プリンちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
凄く古いお話なのに斬新だよね^-^ 
あやtanちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

158年も前に実在していた人なんだよ。
本のアリスを知っていても、そうだよね~。 

彼は奥深い人かもしれないね。
わたしも知らないこと結構あったよ^^
この古い映画、楽しいでしょう。
きっとお嬢さんは好きなんじゃないかな。 
【2010/05/08 19:10】URL | ★あやtanちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
そっか、そう言われれば女性っぽいかもね^-^ 
鍵radynaさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

鏡の国のアリスはそのヤバイじゃなくって、内容がもう不思議を超えてしまっているって事だと思うよ^^
鏡の中の世界に入ったアリスのお話なの。

写真のこのアリス、本当に素敵な少女だよね。
他の写真も素敵だよ。  
【2010/05/08 19:11】URL | ★鍵radynaさんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
おひさしぶりです^-^ 
ひさしさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

やだ、スミマセンなんて言わないでくださいよー!汗
音楽のブログの方はゆるく管理されているんですね。
沢山色んな事をされているからね^^
わたしのブログは気になさらないでくださいね。笑

趣味の世界、ひさしさんもかなり深く追求されてるものね。
好きと好き過ぎ、難しいです^^
数学者のルイス・キャロルがそうだったって驚きですね。
 
 
【2010/05/08 19:12】URL | ★ひさしさんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア