FC2ブログ
 


| Home |
自由が丘デパートで待ち合わせ
沖縄の塩(屋我地マース やがじマース)と京都 ニシダやの柴漬けを取り寄せたから自由が丘で逢わない?って、ソウルメイトのSちゃんから朝電話があって出掛けた先週の土曜日。
この日も寒かった。。

屋我地マース
<屋我地マース、まだ関東地方には販売していないそうなので楽しみ>


以前Sちゃんは朝の8時頃でも気にせず長電話を掛けてきていたので、わたしが「Sちゃん、小学校の時に先生に言われなかった?朝の10時前には友達の家に電話したり、遊びに行ってはいけないって・・」と朝の10時、夜の10時のマナーのルールが世間ではあると話したのがきっかけで、彼女は10時前後に電話を掛けてくる時は緊張するらしく「あの、10時前なのにごめんね。直ぐに切るから・・」と前置きして長電話を始める。笑
大の大人なのにそこが純粋なのか中二病的なのか、学生時代と全く変わっていない。


京都 ニシダや 柴漬け
<京都 ニシダやの柴漬けは、しゃきしゃき感とこの酸味が大好き>

 
自由が丘デパートで待ち合わせをしていたので、ぶらぶらと中を見て回っていたら、何でもないようにコーヒー豆を販売していたお店を発見。
自由が丘に行っても、ここには過去数度しか立ち寄ったことがなかったので、その何気もないようなお店の商品の奥深さに興味を持った。
普通に歩いていたらきっと本当に普通のお店なので、普通に通り過ぎるだけだと思う。

たまたま、待ち合わせをしていて、時間があったというのも重なって、品々を手に取る事が出来たから、色々とじっくり見ることが出来たんだよね。
物でも人とでも、出会いとはこんな風に始まるのかもしれない。

直ぐに目に入ったのは店頭にあったフェアトレードのオールターナティブ 地球食のチョコレート、蜜蝋のキャンドル。
これを見るだけで、この店のスタイルがよくわかる。
少ないけれど、店主に選ばれた作家さんの焼かれた食器も幾つか並んでいたり、メイン商品のコーヒー豆も店主のお眼鏡に適った選りすぐりの物だったり。
小さなお店にはとても商売とは思えない、オーナーさんの拘りの品々しかおいていないみたいだね^^


こ豆 自由が丘
<こ豆さんのコーヒーの花の蜂蜜は珍しい>


聞いてみたら、何人かのビジネスパートナーと共同で経営しているそう。
彼女のパートナーさんならきっと素敵な方なんだろうと思う。

チョコレート2枚とコーヒーの花の蜂蜜、彼女お勧めの新潟まめてん、そして無農薬の純ココア。
お勧めの訳も分かった!この大橋食品製造所の新潟づくりまめてんは癖になる美味しさ。


<新潟産大豆エンレイと新潟の米を使い、国産の植物性こめ油で揚げた素朴なお菓子。豆腐屋だった先代が、大豆を使った新商品として開発。まめてん一筋40年の技は第22回全国菓子大博覧会で技術優秀賞を受賞した。(中之口村小吉)>(asahi.comより)

 
わたしがいた10分ほどの時間に3組位の人がお買い物にいらしていた。
大きな利益は考えていないんだろう。
それでも彼女達の選んだ個性を生かしたショップは強い底力をもっていそう。

作家さん作のアロマポットが未だに気になっている。


こ豆 自由が丘
 
屋我地マース 株式会社 塩田
京都 ニシダや
 
 

blogram投票ボタン『blogram』参加しています。

いつもお出でくださる下さる方々、心からありがとうです♪

THEME:これは美味い!! - GENRE:グルメ
(からだ健康)同じ買うならコレ】 | CM(0) | top↑
<<JIYUGAOKA BAKESHOPでランチ | Home | 浅草『大黒家』さんから始まって・・・Part3>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする