| Home |
浅草『大黒家』さんから始まって・・・
浅草散策に行ってきました!^0^!
京浜急行の快特'青砥行'で行くと、横浜から浅草まで乗り換えなしで42分で行けるんですね。

前日は雨も降り、朝は曇っていたのですが、わたしは多分晴れ女なんです。
家を出る頃には太陽がピッカピカに輝き始めました。
でも寒かった~(((*-*)))

駅に向かう途中、ブロともさんから元気ですか~のメールを頂き、とっても嬉しかったよ(∩.∩)
Dさんありがとうです☆






待ち合わせは、浅草の町のど真ん中にある遊園地、花やしきの傍の『江戸下町伝統工芸館』です。
この『江戸下町伝統工芸館』、名前は迫力があるのですが、場所も商店街の中の一角で、地味じゃないかと思う位、内容も落ち着いたものでした^m^
1時間弱いたでしょうか、わたし達以外にお客さん?観光客?はあと二組入って来たと思うのですが、それも直ぐに帰ってしまい、中の展示物は見ていかなかったんじゃないかな・・・。笑  な『江戸下町伝統工芸館』なのです。
壁には「ここは休憩所ではありません」と書かれていました。笑

でも、伝統の美しいお道具の色々を見て、日本の職人さんの技、匠を改めて実感しましたね。
伝承される事もなく、消え去った仕事が幾つあるんでしょうね。。
勿体無い事です。





これはやっぱり身近に技を見る機会が少なくなった事が大きな起因であるような気がします。
桶を作っている職人さんのお店、店中に竹篭がぶら下がっている下で、竹細工を作っている職人さんなどを、学校帰りに眺めて帰る。
こんな風景から、技は魅力的に人の心に映るんじゃないかと思ったりするのですが、実際わたしもそんな風景を見た事はないですけどね。。笑
消失と創造とはこうしたプロセスを辿っていくものなのかしらね。


因みにわたしは中学の帰り道、商店街にあった画廊に毎日のように寄り道していました。
お茶を頂いたり、こちらの店主さんによくして貰いました。
こんなずうずうしい事、大人では絶対に出来ませんよね。
そして今、都会には生意気な年頃の子供の相手をしてくれる、もうそんな大きな気持ちの大人は皆無と言ってもいいでしょうね。




一緒に遊びに行ったのはpanipopoさんご夫妻とアメリカから一時帰国なさっている明日香さん
ここ何十年も日本には殆どいなかった国際人3人の中に混じり、しっかり日本人なわたしなのですが、この3人の穏やかで大きなサポート力のお陰で、下町の風情を感じつつ相変わらずのんびりさせて貰ったのです。 
観光客で賑わう仲見世通りを買い食いをしながら歩いたのは楽しかったですよ~。





お食事は『大黒家』さん。
天ぷらが有名なところは数件あるのですが、歩いていたコースからも遠くなく、縁起の良さそうな『大黒家』の名前にひかれ、こちらで天ぷら丼とかき玉椀を頂きました。
天ぷら丼は何種類かあるのですが、どっか~んとでっかいえび4匹入りのを選び、食べられるかなと思っていたのですが、案外いけちゃいますね。

すっごいでしょう、この上に見える3匹の海老の下にもう1匹潜んでいたのです。。
こちらの天ぷらは衣が特徴的でした。
あの天ぷらの衣とはちょっと違う、パンケーキの生地っぽいオリジナリティーのある衣でした。
多分、この衣のせいで、しつこくなく頂けるのでしょうね。
女子軍は揚げ物が苦手と言っていましたが、胸焼けがすることも無かったですね。

ご飯は少し残させて貰ったのですが海老は完食。
かき玉わんがジンジャー入りで4匹のでっかい天ぷらを頂くのを手伝う良い仕事をしていました。
皆さまにもかき玉わんをお勧めします^^もう1種類あるお吸い物を頂いていないのになんですが・・・笑





こちらの大黒家さん、別館4階はイベントスペースとして貸し出されていたり、カルチャースクールも開催されているんですね。
『大黒家倶楽部』では、英会話や弦楽器のお教室もあるんですが、浅草かっぽれ教室、これはどんなんでしょう。
非常に興味深いです。笑
近かったら覗いてみたかったですね~^m^

1887年最初は蕎麦屋として創業されたそうで、当時、繁盛していたわりに忙しいだけで儲かっていなかったそうです。
天ぷら蕎麦が多く出た日に儲けが出ていた事から、明治の末にそば屋から天ぷら屋に変え、屋号も『大黒屋』から『大黒家』に変えたそうです。
現在の店主さんは4代目だそうですが、伝承されてきた歴史を守りつつ、こうした経営の刷新とまではいかなくとも変革を図るのも経営者の判断として非常に大切な事ですね。
今だ!とタイムリーに見抜く目も経営者の感として必要な気がします。

今回明日香ちゃんのお話にもその「オンリーワン」な考え方の話題が随所にあり興味深く聞き入っていました。
それは経営だけに止まらず、人の生きるスタイルとしてもとても大切な気が致します。
全ての人へのオンリーワン、最終到達地点ではそれはあるのかもしれませんが、そのプロセスに於いては、望む人へのオンリーワンな考え方、これがとてもシンプルで、極素直な考え方だと思います。
100人の知人を持つよりも、10人の無敵な親友を持つ事の力強さ。
その無敵な10人全て各々オンリーワンであり、彼らにとっても自身は大切なオンリーワンであるのです。

万物に愛されたいと願うのは至極当然なのですが、それは無理。
ですよね~。

長くなってしまったので続いちゃいます。



←江戸下町伝統工芸館
←東京・浅草 大黒家天麩羅
 
東京都台東区浅草1-38-10
03-3844-1111
営業時間: 11:10~20:30 
年中無休、土・祝は21:00まで

blogram投票ボタン『blogram』参加しています。

いつもお出でくださる下さる方々、心からありがとうです♪

THEME:楽しく生きる - GENRE:ライフ
空気にあたる】 | CM(20) | top↑
<<浅草『大黒家』さんから始まって・・・Part2 | Home | 2週間で2回>>
comments
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/14 16:54】 | #[ EDIT]
お~、なんて素敵なデート❤
しかもこのメンバーが浅草で集うなんてね。
で、大黒家で天丼~っ!!
あぁ、なんてこと~!!
寒さもふっとぶわ☆
できれば花屋敷のお化け屋敷も・・・ないか。
【2010/01/14 18:30】URL | michoumama #D4y1D0tk[ EDIT]
こんばんは。
大黒家、私は持ち帰りのお弁当しか食べたことないんですよ。
両親はお店で食べたんですが。
お弁当も美味しかったですが、お店で食べるこのボリュームには敵わないですね。

それと中華街のお店、教えていただいてありがとうございました。
今度行く時の参考にしようと思います。
特に中華粥は、あまりちゃんとしたのは食べたことないので興味あります。
【2010/01/14 21:02】URL | ぷら #KnEYDyEc[ EDIT]
う~~む。難しい話だ・・・・まだそこまでには到達していないな。私。
素晴らしい方達との再会。楽しかったでしょう。合羽橋行ったんだよね☆続きは楽しみにしているよ。
【2010/01/14 22:56】URL | 森の子 #T61DVtR6[ EDIT]
下町も楽しかったよね~^-^ 
鍵明日香ちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

ほんと、海老天でっかかったねぇ~。爆
個だね、、個www 
【2010/01/14 23:24】URL | ★鍵明日香ちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
私は海老だけ食べて最後は衣を残しちゃったけれど~!
揚げ物苦手なのに不思議と胃もたれしなくてさすが☆
おいしかったね!とっても関東風の味付け。
工芸品の数々は、私は素晴らしいと思ったよ。
見惚れてた。。。これを伝承出来るといいね。
江戸文化の継承って感じで。

大黒家さんってそんないわれがあったのね。
ちゃんと調べるなんて素晴らしい☆
おかげでこうやって読んで、由緒のあるところで食したのかと思うとこれまた感慨深いね。
ほんとにいい感じ!
【2010/01/15 00:09】URL | panipopo #nmwP0wpU[ EDIT]
花やしきも実は興味はあったよ^-^
michoumama、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

ね、ほんとこんな素敵なデートで、なにやら本来はもっとエスコートをして頑張らなければいけなかったんだろうけど、すっかりみんなに甘えちゃってました^m^
paniヴァンさんも浅草を楽しまれていたよ。
で、かっぱ橋、mamaと一緒に行ったお店を回ったの^^
みんな道具が好きなんだね。。買い捲り~。笑

大黒家さんの天丼にはびびったよ^^
流石にお化け屋敷にはいかないっすよ♪
寒かったけど、あっ言う間にさよならの時間になってしまったの。
【2010/01/15 00:45】URL | ★michoumamaへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
こんばんは♪
やっぱり伝統のある職人の技は
まねできませんね~
圧倒されますよね♪
それと、すごく
ボリュームがある天丼ですね~♪
おいしそうです☆
【2010/01/15 03:06】URL | あやtan #-[ EDIT]
大黒家!!入ったことないけれどやっぱりすんごいボリュームだね!!
ぱにちゃんご夫婦と明日香ちゃん、ほーんと日本を離れて暮らす人にはディカバージャパンみたいな感じで、いい小旅行になっただろうねっ。
【2010/01/15 15:04】URL | モニ #-[ EDIT]
海老がむっちゃ大きいですよね^-^ 
ぷらさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

大黒家さん、ご存知なんですね。
持ち帰り用があるなんて知りませんでした。
ご両親が行かれて、お土産を買って帰ってくださったんだ^^
お弁当で海老ちゃんはどの位入っていたんですか?
現地調達班は凄いでしょう^m^

中華街は高くって美味しいお店も沢山あるのですが、安くって美味しいお店も沢山あるので楽しんで来てくださいね。
お粥はお勧めですよ♪ 
【2010/01/15 17:24】URL | ★ぷらさんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
かっぱ橋も楽しいね^-^ 
森の子ちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

いやいや、、そんな難しい話じゃなくって、個が大切だね・・って事なんですよ。
何だかわたしって説明が下手だよね^^;

ね、素晴らしい方々にお逢いするだけでも完成が研ぎ澄まされるような気がするよ^m^
そうそう、かっぱ橋散策したのよ、、何で知ってるっす?笑 
【2010/01/15 17:32】URL | ★森の子ちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
下町も風情があって楽しかったね^-^ 
panipopoちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

職人の技って本当に凄いよね。
今も東北地方などでは籠作りの匠とかいらっしゃるみたいだけど、やっぱり伝承する弟子がいないのが現実みたいだよね。
これだけでは食べていけないんだってね。
それに材料も手に入りにくいのかもしれないね。
海外から安価で手に入る代用品もあるし、難しいんだろうね。

大黒家さんの天ぷら丼は初めての大きさだったよね。
え~、そんなに残していたの?笑
自分のを食べるのが精一杯だったよ。
下町も風情があって楽しかったね^^  
【2010/01/15 17:43】URL | ★panipopoちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
わたしは竹篭が好きですよん^-^ 
あやtanちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

ほんと、魔法使いかと思う位、細かい手作業の美しい仕事って、絶やしてはいけない気がするんだけどね。。
この技術がいかにも日本を代表するもののようだよね。
沖縄にも紅型とか、色々と素晴らしい技術があるよね。
わたしはあの紅型が凄く好きなの。

あは^m^すっごいでしょう。
これね、写真より実物の方が絶対に迫力だよ。笑 
【2010/01/15 19:48】URL | ★あやtanちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
お忙しい日常の3人なのに休む事を知らないね^-^
モニちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

大黒家さん、やっぱり知ってた~^^
すっごいよね。
こんなど迫力で2000円弱だったような・・・
そもそも1匹がでかいのに、それが4匹も集合だからさ、もうみんな途中だ飽きかけて。笑
で、タジンもそうだよね・・とか口々に。笑

うん、この後ね、かっぱ橋に行ったんだけどね、もうみんな買い捲り^^
ほら、みんなと言っても私以外なんだけどね、、作家だからね。 

下町は賑やかだね^^
【2010/01/15 19:58】URL | ★モニちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
天丼、めちゃくちゃ美味しそうだわ~v-10
最近食べてないから、たべたくなっちゃいましたv-411
エビもだいすきだし・・・

大黒家さんの経営、ばっちりですよね。
経営者として、難しい勇気ある決断ですが、大正解だったんですね。
規模は全然違いますが、ワタシの実家も、明治からずっと続く和菓子屋ですが、一時期なんでも売っているコンビニのような店だった時があります。その頃はコンビニがなかったので繁盛していたのですが、コンビニが多くでき始めてから、また和菓子一本にもどしたのです。
その時の父の判断は、娘ながらすごいと思ってます。

経営にも向き、不向きがあるんですよね~。

以前、fuwariさんが紹介していた、「清正の井」、ここのところのパワースポットブームで4時間待ちとか・・・ワタシも早いとこ行っておけばよかった・・・v-356
【2010/01/15 20:30】URL | のりたま #-[ EDIT]
清正の井には行った方がいいよ~^-^ 
のりたまちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

すっごいでしょう、この海老天!笑
1匹15センチはあるんだよ。
それが4匹も^m^
もうご飯、食べられるかな~って心配になるほど。
でも海老とか蟹って何だか食べられちゃうんだよね。
ウマウマでした^^
のりたまちゃんもかっぱ橋に行かれた時は、ちょっと覗いてみてね♪

そうなんだ、、お父様の経営の千里眼は素晴らしいものがあったね。
そのままやっていたら、和菓子屋さんの名前が残っていなかったかもだね。
チャンスがあったら、のりたまちゃんのご実家の和菓子屋さんにも行ってみたいな^^

そうそう、清正の井はパワースポットではなくって、人気スポットになっちゃってるよね。笑
この井はね、本当に凄いと思う。
で、この御苑自体に相当なパワーがあるんだよね。
そっか、のりたまちゃんももっと早く行けば良かったね。
でも大丈夫、日本人は直ぐに飽きるからさ~^^
もうちょっと待ってたら、待ち時間0秒になるからね♪ 
【2010/01/15 21:09】URL | ★のりたまちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
お~^^
我が街浅草^^♪

僕も濃厚な友達つくらないと^^;
【2010/01/15 23:18】URL | morris #-[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/16 00:54】 | #[ EDIT]
浅草、もっと探検してみたいです^-^
morrisさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

あれっ^^morrisさんのご実家は浅草ですか?
浅草は下町の良いところを全部残した素敵な所ですね。

刺激しあえるお友達っていいですよね^^
【2010/01/17 00:20】URL | ★morrisさんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
宜しくお願いいたします♪ 
鍵panipopoちゃん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^-^

ラジャー^^ゞ
宜しくです!

ケーキの完成、おめでとうございます♪
どんなだろう~☆ 
 
【2010/01/17 00:45】URL | ★鍵panipopoちゃんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア