| Home |
ロシアからフランスに KUSMI TEA クスミ ティー
今までお友達に差し上げるだけで自分のブログでこのKUSMI TEA(クスミ ティー)を紹介していなかったね。
数年前からこの紅茶を気に入っていたんだけど、身近な日本の店では扱われていなかったので買う事が出来なかった。
今はJoel Robuchon (ロブション)やDEAN & DELUCA(ディーンアンドデルーカ)でも購入することが出来るようになった。

紅茶好きじゃないとあまり知らないと思うフランスの紅茶KUSMI TEA(クスミ ティー) 
ロシアから何故フランスに移ってきたのか不思議に思っていた。
歴史を紐解くと、このKUSMI TEA(クスミ ティー)の激動の歴史が見えてきた。


なー*ちゃんのフランス・韓国のお土産

 
14歳のパヴェル・ミハイロヴィッチ・クスミチョフ(1840-1908)が聖ペテルブルグの茶店の配達の職についてまもなく、読み書きも出来ないこの少年に特別な才能を見出した店主は、貴重な茶のブレンド技術、取引などを伝承したのです。
 
1867年ロシア皇帝統治下の時代、パヴェルの結婚を機に店主が贈ったものは1軒の小さな店だった。
この店こそがP.M.クスミチョフのお茶のスタートだったのです。
この店主がいなければ、パヴェルはただの貧しい働き手でしかなかったのですね。

商売は順調に進み、店は10軒に増え、1901年にはロシア皇帝から聖ペテルブルグ自由人の勲章も与えられ、ロシア皇帝ご用達の茶商人にまで登りつめたのです。 

1907年、この頃パヴェルは亡くなり、息子のヴィアチェスラフは茶の取引の中心であったロンドンで販路開拓の道を開いた。
これがロンドン国際博覧会での受賞に繋がったのです。
そして、51軒の店をロシアの主要都市に持つまで大繁栄した。


      なー*ちゃんからKUSMI TEA


ロシア革命が勃発したのを機に、今も作業場として使用されている17区のニール街75番地に本社を定め、社名を『クスミチョフ』から『クスミ ティ』に変えた。

発展を続けるクスミ ティでしたが、1934年の世界大戦で衰退しはじめた。
パヴェルの息子ヴィアチェスラフが1946年にこの世を去り、3代目にあたるヴィアチェスラフの息子コンスタンタンが継承した後は、長く続いたクスミティも戦後の厳しい時代を迎えるのです。

クスミティの歴史の流れと同じく発展してきたオレビ家に2003年クスミティーは買い取られたのです。
オレビ家はクスミティの伝統を絶やさないよう、パヴェル・ミハイロヴィッチ・クスミチョフが140年前に創業して築いてきた歴史も踏まえてその魅力を広く世界に伝えているのです。
 
クスミティの中にSt.Petersburgという茶葉があるのですが、今その訳がわかりました。
ペテルブルグでスタートしたKUSMI TEA(クスミ ティー)

フランス・韓国とご旅行されてきた『アラサー!料理研究@家』のなー研究員*さんからのお土産は、歴史あるこのKUSMI TEA(クスミ ティー)ともっと可愛くなってね(だよね?笑)のメッセージでもある美容大国、韓国のフェイスパック2種なのです。

頂いたのはCHOCOLAT EPICES(チョコレートスパイス、Spicy Chocolate)
わたしが買っているJoel Robuchon (ロブション)では取扱われていなかったと思う。
初めて味わう味。
『定番のチョコレートにスパイスをプラス。濃い味わいがくせになる香りです』とクレジットがあるのですが、その通り、チョコレートフレーバーのブラック茶葉に甘みを生かすスパイスが入ったエキゾチックな香りと味の紅茶です。


なー*ちゃんからKUSMI TEA


偶然にもCHOCOLAT EPICESを頂戴したわたし。 
紅茶好き、チョコレート好きには堪らない紅茶でした。
なー*ちゃん、ご馳走さまでした。とても美味しかったです。
で、パックは次にお逢いする前の日に使っていきますから、使用前、使用後をチェックしてくださいね。笑
素晴らしいお土産をありがとうございます!


←なー研究員*さんの『アラサー!料理研究@家』はこちらから
←明日香さんの『F O O D I E S』はこちらから
←franさんとtutoさんの『まねきねこ』はこちらから

 

CHOCOLAT EPICES(チョコレートスパイス)Tea from China flavoured with chocolate and spices
 
←KUSMI TEA 日本公式サイト
 

週末の今日もお立ち寄り下さいましてありがとうございます☆
明日も更新したいと思っています。
遊びに来てくださいね。
お待ちしています^-^

THEME:**暮らしを楽しむ** - GENRE:ライフ
プレゼント】 | CM(21) | top↑
<<日吉ALpinoに ♥(*ゝω・`)♥ | Home | 種までエライ杏ちゃん>>
comments
紅茶マニアじゃないけれど、クスミティーを知っているのはあの方やこの方のおかげかも…!!
ブログってすごいなぁ^^ふふふ。
この缶の入れ物が渋可愛い~☆缶だけでも欲しいわ(^m^)
【2009/07/26 01:55】URL | ちゃんこ@ #-[ EDIT]
紅茶ってほんと色んな種類があって、
その時の雰囲気や気分によって
チョイスして一息いれるのもいいんですよね~

素敵なプレゼント嬉しいっすね!(^▽^)!
【2009/07/26 05:54】URL | ゆかっち #SFo5/nok[ EDIT]
おはよう♪
紅茶に詳しくない私でも
飲みたくなりました♪
Fuwari Funwariさんの
説明も良いですよね♪
【2009/07/26 09:04】URL | あやtan #-[ EDIT]
へぇ~
なんだか奥深いんですね~

ワインとかと似た感じ??
紅茶にも歴史があるとはびっくりでした(^O^)
【2009/07/26 15:19】URL | pink #-[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/26 15:51】 | #[ EDIT]
紅茶って褐色系が多いと思っていたのですが
とても綺麗な黄色ですね!
マナカの目の色と良く似ています^^
・・・あ・・・クスミティーに悪いかも・・・(;´∀`)
【2009/07/26 17:42】URL | カゼノオ〜 #-[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/26 19:49】 | #[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/26 19:58】 | #[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/26 20:49】 | #[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/26 21:00】 | #[ EDIT]
Fuwari Fuwari さん、初めまして~。
pieさんのところからやってきました。
当方のブログをご覧くださったとのこと
ありがとうございます。
紅茶おいしそうですね~♪
歴史を知ると余計に
味わいたくなりました~。
素敵なブログですね。
また遊びにこさせてくださ~い。
【2009/07/26 21:16】URL | konekohaku #-[ EDIT]
こんばんは。☆
fuwariちゃん、オフ会の話、クスミティーの話。とっても素敵。
昔パリのホテルが、朝食にクスミティーだったの。そんなこととはつゆ知らず・・・・・
アンティークもそうだけど、昔の話をひもといていくと、すごく不思議な感覚に陥るのよね。

そして、心のアンテナが似ている人たち・・・・
ブログってなんだかおもしろいものだねえ~~。
【2009/07/26 21:42】URL | 森の子 #T61DVtR6[ EDIT]
fuwariちゃん、お久しぶりです。
ぼちぼち復活したので、またよろしくね。
素敵なオフ会だったんだね。うらやましい!!
fuwariちゃんの記事からどれだけ素敵だったかが伝わってくるよ。
【2009/07/26 23:13】URL | しょこら #lJ6.ovOo[ EDIT]
クスミティーに、そんな深い歴史があったとは、、、
勉強させていただきましたm(__)m
読み書きもできない少年に、天賦のお茶の才能があったとは、
なんともドラマチックですね
【2009/07/27 00:03】URL | tuto #SFo5/nok[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/27 12:49】 | #[ EDIT]
Fuwari ちゃん、こんにちは!
オフ会のレポ楽しませてもらったよ(〃⌒∇⌒)ゞ

クスミ ティー私は飲んだことないけど
Fuwari ちゃんのお話ですごく興味をもったよ
頭の端っこにとめておいて、いつか飲んでみたいな♪
【2009/07/27 15:47】URL | nanako #p620bhqE[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/28 15:34】 | #[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/01 00:16】 | #[ EDIT]
今日は電話ありがとー^-^ 
鍵franちゃん、こんにちは~~~☆
今日はご心配の電話、ありがとうございます^-^
いつも心配ばかりお掛けしてしまいます。汗

本当にごめんね。

あは^m^
アンパンマン、そうでしょう、、、笑
子供のブログみたいだよね~。。爆
わたしもそう思ったよ。

コメ欄消すと、みんな鍵でコメくれるんだよ~。
うさぎに掛かりっきりだったの。
でも大分良くなって、また我侭ぶり発揮性格の悪いうさぎに戻りつつあるよ。笑

ありがとう、本当にありがと♡
 
【2009/08/02 23:52】URL | ★鍵franちゃんへ fuwari funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
時々動画がエラーになるんですよ^-^; 
鍵こんこんぶつゆさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます^-^

うさぴょんの事、ご心配下さってありがとうございます♪
お陰で大分良くなってきました。
まだ全然普通の状態とは言えないんだけど、きっと1週間もすると前のうさぴょんに戻ると思いいます。

動画動きますか?
あれ?わたしが見た時は駄目だったのに。。。
俊介のCM後で見に行きますね。 
【2009/08/03 00:01】URL | ★鍵こんこんぶつゆさんへ fuwari funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
nanakoちゃんにもお逢いしたいなぁー^-^ 
nanakoちゃん、こんにちは☆
コメントありがとうございます^-^

読んでくれたの~♪ありがとう!
明日香ちゃん、なー*ちゃん、franちゃん、tutoさん皆さん素晴らしい方ばかりで、本当に参加させて頂けて光栄でした。

kusmi taeは香りの紅茶なんだよね。
中国茶や緑茶なんかも使っているからとても個性の強いお茶なの。
nanakoちゃんも気になった?
わたしも記事を書いてますます気になって、飲んでいないのも今度飲んでみたいなーと思ったの。
うんうん、nanakoちゃんなら、きっと美味しいお菓子にも利用できるね^-^


> Fuwari ちゃん、こんにちは!
> オフ会のレポ楽しませてもらったよ(〃⌒∇⌒)ゞ
>
> クスミ ティー私は飲んだことないけど
> Fuwari ちゃんのお話ですごく興味をもったよ
> 頭の端っこにとめておいて、いつか飲んでみたいな♪
【2009/08/03 00:11】URL | ★nanakoちゃんへ fuwari funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア