FC2ブログ
 


| Home |
夏越の祓、栗水無月 五建外郎屋
6月30日は夏越の祓(なごしのはらえ)。


DSC_0121-1-s-r_202006302350315d1.jpg


古くは神話の時代まで遡るそうですが、一先ずは平安時代の旧暦の6月1日、氷室から切り出された氷を口にすることで、夏を健康に過ごそうと願う『氷室の節句』なる宮中の行事から始まったのが夏越の祓えだそう。
半年の穢れを祓い、清めた心身で新たな日々を迎えるもの。

氷など口に出来ない平民は、麦の粉を練ったものを氷に見立て(外郎ですな)、厄払いの小豆を上に施したものが水無月の初めと聞く。
京都の酷暑を乗り切る為に、茅の輪をくぐり、甘く拵えた水無月を食べ、邪気を祓い、無病息災を願ったものだそう。


DSC_0117-s-r.jpg


寿命も短く、生きることが困難だった時代の人々の、日々の感謝と禍への畏れが、一つ一つの行事や風習でひしひし伺える。

慌ただしく動く世界を見つめ、そしてわたしは生ういろの水無月を味わいつつあれこれ思う。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす










THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
<<春を見失った今年も、ちりめん山椒。 | Home | 実山椒の水煮 2020>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする