FC2ブログ
 


| Home |
立冬にて
春のお彼岸にはぼた餅、秋にはおはぎ。
牡丹に萩、花に例えたネーミングであるけれど、仕様が少し違っているのは皆の知るところだろう。

春と秋のお彼岸以外、夏と冬にもこのもち米と小豆の“おはぎ”なお菓子は名前を持つと知る。
夏は“夜船”冬は“北窓”と呼ばれ、勿論それぞれ意味がある。
夜船と云う名は何となく風情を感じるけれど、“北窓”は何だか物悲しい小説のタイトルのよう。


DSC_0092-s-r.jpg


仙太郎さん、この時期にぼた餅?と思い調べてみると、立冬を迎えた昨日のぼた餅は、ふむふむ北窓でしたか。
柔らかく炊かれたツヤピカの黒米は新米でしょうか、その絶妙な塩味と滑らかな餡とが混じり合い、口の中で解けるほどに青紫蘇の香りが鼻に抜けて快い。


立冬、そして北窓 青じそ入り黒米ぼた
あぁ、このおはぎ、もしかしたら今まで頂いたものの中で一番好きかも。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(1) | top↑
<<冷ご飯 | Home | 秋刀魚のコンフィ>>
comments
北窓…きれいな名前ですね。
情緒あるな~と思ったけど、ぐぐったら、言葉遊びなのね~^^
でも、それも素敵ですね。
ひとつのお菓子に、四季によって違う四つの名前をつける、
言葉遊びのしゃれにも、どこか季節感が漂う…
日本人のセンスって素敵だなって思います。

そして…マリスさんのたべてる、その北窓、めっちゃおいしそう^m^
【2019/11/11 23:55】URL | yuki #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする