FC2ブログ
 


| Home |
西木木 たねや
遺跡の住居跡から、縄文時代の初期には既に栗が栽培されていた事が発見されている。
病害虫に弱いが故、進化と改良が繰り返されてきただろうから、勿論その頃の栗は今ほど美味しい栗ではなかっただろうけど、愛され守られてきた、人類とは長い付き合いの木の実であることには違いない。


DSC_0078-s-r.jpg


西の木と書いて栗。
国内産の新栗を使ったたねやの西木木(さいきぼく)
この西木木と云うのは、奥の細道から名付けられたそうだ。


白川の関を超え、阿武隈川を渡り、立ち寄った須賀川の宿の傍らの、大きな栗の木の下で世を避けるように暮らす僧。
「世の中の見付けぬ花や軒の栗」
西の木、栗とこの世の西にある極楽浄土、西方浄土。


DSC_0127-1-s-r.jpg



飾らない新栗のナチュラルな美味しさがふわっと広がる。





西木木 たねや
https://taneya.jp/okashi/kisetsu/saigiboku.html









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
<<パーチ 代官山 Perch by Woodberry Coffee Roasters | Home | Jam toast >>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする