FC2ブログ
 


| Home |
牡蠣のコンフィ
いつからか、時にお腹を壊すようになってしまったけれど、どう考えても牡蠣だけはやめる訳にはいかない。
ぷくんとふくらんだ牡蠣を口に含んだ時の磯の香り、それが弾けた時のミルキーな味、いやいや、どんな結末が来ようと立ち向かっちゃうでしょう。
フグの毒を知りつつ危険な部位を口にする人の気持ちが分からんでもない。


DSC_3031-s-r_20180317233745b65.jpg


生で良し、鍋でも良し、オイルやバターで炒めても旨い。
炊き込みご飯に佃煮、なんて懐の深い奴だ。

鍋と味噌汁では活躍して貰ったけれど、この冬はたった2度しか作れなかった牡蠣のコンフィ。


DSC_3027-1-s-r_20180317233743b27.jpg


これがまた美味しい。
ラストに作った牡蠣のコンフィは、いつもとは作り方を変えたので、少々身が引き締まってしまったけれど、味は濃く、深く、円やかな出来上がり。
オイルはパスタにも使えるので、たっぷりのオリーブオイルも決して無駄にはならないのだ。

もう一度位は作りたいなぁ。









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:おうちごはん - GENRE:グルメ
お家ごはん】 | CM(0) | top↑
<<鹿吉 焼芋 しるく | Home | デコレーションラスクのL'atelier Monei ラトリエモネイ>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする