| Home |
大倉山青柳 桜花爛漫
毎年の気温にこう変化があっては、スコォーンと胸のすくような季節の入れ替わりはもう期待出来ず、四季も前後ひと月は重なり合う事を見込んでおいたほうが良さそう。と言っても流石に観梅の時期には遅すぎた。
晴れていたのに北風と花粉がビュンビュン渦巻いていた半月前、大倉山の梅林に行ってきた。


DSC_2479-1-s-r.jpg


大倉山駅はその山の一字が表しているように山を切り開いて作られ、線路を挟んだ両サイドは小高い山になっており、北西側に延びる坂道の頂上に大倉山公園、その中に『大倉山記念館』がある。
大倉山公園の道沿いを行過ぎると、右手になだらかな斜面の大倉山梅林が広がる。
梅林と名は付くけれど、ここは桜の名所でもある。
梅には遅く、桜には早過ぎた3月半ばの大倉山は、園の散策を終えると『大倉山記念館』に立ち寄っても時間を持て余してしまう。


DSC_2492-1-s-r.jpg


行きとは違う経路で、途中、お昼の食事先を探しながら線路を下に坂を下る。
美味しいと聞いていた創作フレンチ『ふなば亭』は残念な事に定休日。


DSC_2491-1-s-r.jpg


小さな町であるけれど、古くからの住宅が多いからだろう、美味しい和菓子屋さんも多く、駅前の『青柳』も必ず立ち寄りたくなる一軒である。
春の上生菓子から桜をテーマに3種を選んだ。
練り切りはまぁどの店もそう変わるもんじゃないけれど、黄色とうぐいす色の間にもうひと味サンドされたカステラ仕立てのお菓子、これがかなりの代物。
勿論和菓子なんだだけれど、その調和のとれた甘みは、ケーキの幾層ものハーモニーと準ずるほど美味しく、今回のわたしの一押し。


DSC_2495-1-s-r.jpg


つきたてのよもぎ餅も青葉の萌える香りが色に見てとれ気になった。
季節を愛で、こよなく愛おしみ、その中で遊ぶ。
日本は本当に素敵な国だ。
 




my picasa
御菓子司 大倉山青柳






御菓子司 大倉山青柳
http://www.o-aoyagi.co.jp/
〒222-0037
横浜市港北区大倉山1-2-8
045-531-0407
9:00~20:00









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:食べ物の写真 - GENRE:写真
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
<<大倉山 かれんの器 | Home | one day 72 spring view>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア