| Home |
竹澤恭子×堤剛×児玉桃 横須賀芸術劇場リサイタルシリーズ43
大変よいコンサートだからと知人に薦められて向かった横須賀芸術劇場。
3人とも本物の音楽家だから是非聴いてみてほしい、とお墨付きの念押しまで頂いていたので、とても楽しみにしていた。
チケットは1週間ほど前に購入したのだが、その時点でS席はガラガラでA席だけがsold out。
普通、コンサートは良い席から埋まっていくので、S席といっても音響が2階席の方がいいのかな・・などちと困惑気味。
事前に会場の造りを調べてみたが、イマイチ把握出来ず、悩みながら席を選択。



DSC_2501-s-r.jpg


 
汐入駅の直ぐ前のビルの4階。
会場に向かうルートは少しうらぶれていて、大凡クラッシックの華やかな雰囲気とはかけ離れた店舗がぽつりぽつりと目に入る。
正しいビルの入り口ではなかったのだろう。だからなんだろう。

ロビーは勿論、どこもかしこも撮影禁止となかなか厳しい。
地域密着型なのか、場内の殆どの方が白い御髪やピカリと光りを放つ方々で空席も目立った。

チェロの堤剛さんの『無伴奏チェロ組曲 第3番』より始まる。
最近は個性的な無伴奏ばかり聴いていたせいか、聴き始めは若干物足りなさを感じないでもないでもなかったけれど、静かに心の深い所にじわっと沁み込んでくる揺るぎのない演奏は、何処か崇高なトコロへと魂を誘ってくれるようだ。

パリ在住の児玉桃さんのラフな着こなしはカッコ良くって、わたしは先ずそこに食いついた(笑)
ラベルってここの所ちっとも聴いていなかった。
『鏡』から"悲しげな鳥たち"冒頭から惹きつけられた。
"道化師の朝の歌"『ヴァイオリン・ソナタ ト長調』何がどうしたのか解らないけれど、奏でる音がわたしの中へ中へと流れ込み、ウルウル滲む。

見るからに男前の竹澤恭子さんの力強く潔い演奏はストラディバリウスを見事に操っていた。
こんな湿っぽい空気の中でも間違いのない安定感って流石。

あー、なんかラベルっていいなぁ。
好きになったかも。
もっと聴きこみたい。

休憩20分を挟んで3人で繰り広げるチャイコフスキー ピアノ三重奏曲 イ単調 op.50『偉大な芸術家の思い出に』
これはパリで亡くなった恩人でもある旧友のモスクワ音楽院の創立者ニコライ・ルビンシテインへの追悼曲で、チャイコフスキーがイタリア滞在中に作曲、ニコライの1周忌にモスクワ音楽院で非公開で初演された。
同じ躰から分裂しかかのような3人のアンサンブルは、葬送の重く暗く切ない曲にどこか希望の光をかざしているように感じた。
力ないと思っていた白い御髪の皆さんの思いもかけない拍手喝さいとブラボーの力強さにまたまた驚くわたしであった。
音響など思う所はあったけれど、このような素晴らしい演奏会をもっともっと大勢の人に、若いクラッシックファンにも聴いて貰いたいと強く感じたのであります。

お薦め下さった知人に改めてありがとうと言おう。
このコンサート、よく話しに出たフランスにお住いのお友達からのお薦めだったのかもしれない。

帰りは秋のように重々しい梅雨冷。
潤った心を大切に早くお家に帰ろう。




横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ43
竹澤恭子×堤 剛×児玉 桃
講演概要

http://www.yokosuka-arts.or.jp/kouen/1706140/









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:コンサート - GENRE:音楽
音も食べちゃえ】 | CM(0) | top↑
<<横須賀美術館 ほっこり美術館 | Home | 放課後の五月雨>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア