| Home |
銭洗弁財天で毒を清め祓う
樹ガーデンは、源氏山をベースに北鎌倉から長谷寺までの尾根沿いに走る『大仏ハイキングコース』の途中に位置する。
カフェで非日常の快然たる心地を摂りこみ、さてハイキングコースに入ろう。
尾根の軽いアップダウンを幾つか繰り返すと民家に当たる。
これが鎌倉らしいハイキングコースなんだろう。


DSC_2181-s-r.jpg


民家沿いを歩き、長谷寺に向かう途中に、銭洗弁財天、銭洗弁天などと呼ばれている銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)がある。
1185年巳年、巳の月、巳の日に源頼朝の霊夢より発見された霊水。
鎌倉の佐助の岸壁を穿ち、人頭蛇身の財施を意味する宇賀神を祀った。
銭洗いの始まりは、1257年巳年に北条時頼がこの霊水で銭を洗い、一族の繁栄を祈った事が発端だそうだ。
宇賀神と弁財天の神仏習合であったが、神仏分離により本宮を古事記の三女神の一人、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)とし1970年に独立した。


DSC_2189-s-r.jpg


初めて来た銭洗弁天。
だから財に恵まれていないのか。。
隧道を抜けると年代を経た無垢の鳥居が厳かに連なる。
その向こうは洞窟に天窓が設けられたような小さな中庭のようなスペース。
お金を洗うザルをお借りし、お線香を手向ける。
お参りのご挨拶を終え、さて、奥の霊水の祠に向かう。
仄暗い洞窟に据えられた洗い場は、なんだかわたしに物言いたげ。お金持ちにするよ!と(笑)
幾ら洗うか・・お財布の中をそっくり空けている人もいる。
小銭だけの人もいる。
わたしは思い切って壱萬いぇんを丁寧に両面洗い清めさせて頂いた。
これでわたしも闇から離脱。
繁栄あるのみ(嬉)


DSC_2191-s-r.jpg


 

昨日は毎年開いている中学同窓生とのお花見予定だった。
初めて欠席する。
桜色の中で笑うみんなの元気な顔を撮れず残念。



銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)
http://kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=424&cd=1205037&scd=
〒248-0017
神奈川県鎌倉市佐助2-25-16
0467-25-1081


銭洗弁財天宇賀福神社







alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:日々のできごと - GENRE:ライフ
空気にあたる】 | CM(0) | top↑
<<鎌倉味噌工房 miso cafe | Home | 鎌倉カフェテラス 樹ガーデン(イツキガーデン)>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア