| Home |
HILLSIDE TERRACE PHOTO FAIR トークイベント@代官山 蔦屋書店
DSC_1432-s-r.jpg



久しぶりの夜遊び。
大人の時間に代官山に出掛ける。
 
駅を出ると、若い男女が右に左に、雀色時をハイにそぞろ歩いている。
今年の秋はせっかちなのか、昼から夜への移ろいも素っ気無い。
またいつの日か、わたしにもじっとしていられなくなるような夕景を見る日がくるだろう。 


代官山でも特に好きなヒルサイドテラス。
昨日から始まった『HILLSIDE TERRACE Photo Fair ヒルサイドテラス・フォトフェア』
18のギャラリーと10の書店、出版社が参加する写真にまつわるフェアで、同時期、都内の各所で催されているイベントとも連携し、来年、再来年と拡大してゆく予定だそうだ。


DSC_1436-s-r.jpg


この関連イベントとして、これまた一番スキな書店『代官山 蔦屋書店』で、9月4日(木)から9月6日(土)までの3日間、アートフォトやフォトブックシーンについてのトークセッションが開催されている
1時間半ずつ2部に構成され、昨日9月4日の前半は、須田一政さんと鈴木理策さんお二人の写真への気持ちの向き方などゆる~いトーク。
人間味溢れるお二人の写真考が素直で正直で、すっと心に滲んでくる。




後半は石内都さんとJ・ポール・ゲティ美術館のキュレーターのAmanda Maddoxさん。
来年、カリフォルニアのJ・ポール・ゲティ美術館 (J. Paul Getty Museum)で開催される石内都さんの展覧会に向けて、Amandaさんから石内都さんへのHow to。
横須賀で育って大人になった石内都さんの根幹とも言える話しの数々を、こんなに短い時間に伺えたのは本当に貴重な事だ。


DSC_1434-s-r.jpg


昨年春、横須賀美術館で観た『街の記憶-写真と現代美術でたどるヨコスカ』でも石内都さんの写真を拝見したのだが、あの写真に彼女のそんな気持ちが閉じ込められていたとは。
戦後の横須賀をモチーフにした写真家は多かったが、石内都さんは正にその真っ只中にいたのだ。
敗戦国を引きずった横須賀の闇と傷。
暗黒のシーンである筈なのに、その姿はあっけらかんとしてカラカラと笑い声が聞こえるようだ。
傷を受け入れたのだ。
受け入れ克服した人々は何物をも恐れない強さがある。
石内都さんの作品『傷』も同じ事が言えるのではないだろうか。。
身体に刻まれた傷は痛みが失せてもその思い出は消える事がない。が、その運命を受け入れ、傷を自らの力とした時に、人はカラカラと笑う日がくるのだ。
現像で生まれる粒子についても、多摩美で織物を専攻されていた彼女らしい感性を感じた。
因みに来年のGetty Museumでの展覧会のドレスコードは和服だそうだ。
きちんと着物を着たアメリカ人がわんさか見れるだろう。


今晩は森山大道さんと清水穣さん。
そして楽しみな2部、後藤繁雄さんの新しい試みによる『漂流』についての話。
後藤繁雄さんを柱に、ミシェル・ウェルベックの『地図と領土』を翻訳された野崎歓さん、そしてこの書の読後のそのイメージで作品を創作された3人の若手写真家、横田大輔さん、川島崇志さん、赤石隆明さんの談話。 
 


さて、今宵も好い夜になりましょう。 
 


 





【9月4日(木)】
1・登壇者:須田一政 X 鈴木理策 X その他1名
 時間:19:00-20:30
 会場:代官山蔦屋1号館2階イベントスペース

2・登壇者:Amanda Maddox(J・ポール・ゲティ美術館) X 石内都
 時間:20:45-22:15
 会場:代官山蔦屋1号館2階イベントスペース



【9月5日(金)】
3・登壇者:森山大道 X 清水穣(写真評論家/同志社大学) ※定員に達したため受付は終了しました
 時間:18:30-20:00
 会場:代官山蔦屋3号館2階音楽フロア

4・登壇者:後藤繁雄(G/P Gallery) X 野崎歓(フランス文学者/東京大学) X 横田大輔 X 川島崇志 X 赤石隆明
 時間:20:15-21:45
 会場:代官山蔦屋3号館2階音楽フロア



【9月6日(土)】
5・登壇者:増田玲(東京国立近代美術館)X 北野謙 X 村越としや X 新井卓
 時間:18:30-20:00
 会場:代官山蔦屋2号館1階建築フロア

6・登壇者:濱中敦史(twelvebooks)X 中島佑介(POST)X 石井孝之(タカイシイギャラリー)
 時間:20:15-21:45
 会場:代官山蔦屋2号館1階建築フロア



HILLSIDE TERRACE PHOTO FAIR トークイベント
2014年9月4日(木) - 9月6日(土) 代官山 蔦屋書店
http://tsite.jp/daikanyama/event/004161.html


HILLSIDE TERRACE Photo Fair ヒルサイドテラス・フォトフェア
http://hillsideterracephotofair.com/
2014年9月4日(木)~2014年9月7日(日)
11:00~19:00 
※最終日7日(日)は、17:00終了

ヒルサイドフォーラム
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟



Getty Museum
http://www.getty.edu/
 
横須賀美術館 街の記憶 ―写真と現代美術でたどるヨコスカ
http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/past/past-1301.html


HILLSIDE TERRACE PHOTO FAIR トークイベント@代官山 蔦屋書店







alice_lambi - View my recent photos on Flickriver



今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:写真 - GENRE:学問・文化・芸術
空気にあたる】 | CM(2) | top↑
<<春の七草 | Home | レイディなパラソル>>
comments
代官山のツタヤって、TVでは見たことあるけど
まだ行ったことが無いです。
素敵な場所ですよね。
横須賀美術館も綺麗でいいですよね。
前行ったときは夏で暑かったので
今頃だったらお散歩がてら行ってもいいですね。
fuwariさんには秋はやっぱり芸術の秋かな?^^
【2014/09/11 13:39】URL | pie #yunwBDhk[ EDIT]
すっかり季節が回ってしまってごめんなさい_(._.)_
pieさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます(^-^)

コメント頂いて半年過ぎてしまったので、代官山の蔦屋にはきっともう行かれたんじゃないかと思います。
あそこはスタイリッシュなpieさんっぽい所だと思いますよ。
様々な本の取り扱いもありますし、併設されているカフェもレストランも雑貨屋さんもオシャレ。
これからも季節、代官山も横須賀もいいですよね。
いつもありがとうございます♪
【2015/03/16 14:48】URL | ☆pieさんへ Fuwari Funwari #Fu/cmvJM[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア