| Home |
トランセンデンス TRANSCENDENCE
2014年6月28日土曜日から公開のトランセンデンスの先行上映会に金曜日に行ってきた。
ここんところヒューマンな映画ばかり観ていたので、久々の近未来ものに気持ちを高鳴らせたいと期待する。
もともとsfものが好きなので、映画を見終わる時にはすっかりその世界に染まり、地球を救うのはわたししかいない位の気合をチャージして映画館を後にする。

トランセンデンス TRANSCENDENCE


人口知能PINNを開発する科学者ウィル(ジョニーデップ)は、人間的ではないこの開発に反旗を掲げる反テクノロジー組織の過激派RIFTに銃撃された。
同業者であり良き理解者の愛妻エブリン(レベッカ・ホール)は、管理されていたPINNを盗み出し、絶命間際のウィルの頭脳をインストールする。
PINNと融合したウィルは、サイバースペースから意志を世界に及ぼす為に、エブリンに指示しひなびた街に巨大な拠点を造り上げる。

コンピュータにアップロードされたウィルの頭脳は世界中の情報を手に入れ、恐ろしいスピードで進化し、全ての個体をも再生させる意思を持つ事になる。
ウィルの頭脳がもたらすハートではあるけれど、それはこのタイトルそのもの、transcend(トランセンデンス)、超越した神とも見紛う、世界を制覇する能力だった。


トランセンデンス予告 - 映画.com


実の所、この映画を観終わってからも、これが訪れない未来ではなく、何世代か後の人類がその賛否を問われるのではないかと、恐ろしげもなくふと思う。
もはやsfはずっと以前のようなサイエンスフィクションではなく、サイエンスノンフィクションであることの方が多い。

「ダークナイト」で3部作の撮影監督を務めたウォーリー・フォスターが監督としてデビュー。
アカデミー賞4部門を受賞した「インセプション」のクリストファー・ノーランが総指揮。
「ダークナイト」のスタッフと作り上げたこの作品、流石と言って間違いない圧倒的世界観のsfであり、また人間の普遍のテーマを深く考えさせられた素晴らしい映画だった。
 
脆く壊れやすいから優しく。
失われるから愛しく。
消えて無くなるから信じる。

愛とは何か、幸福とは何か、死とは何か、永遠とは何か。


トランセンデンス ジョニー・デップ インタビュー映像 - 映画.com



トランセンデンス 
119分
原題:TRANSCENDENCE  
transcendence.jp/
2014年/米

監督:ウォーリー・フィスター
編集:デヴィッド・ローゼンブルーム
製作総指揮:クリストファー・ノーラン/エマ・トーマス/ダン・ミンツ
製作:アンドリュー・A・コソーヴ/ブロデリック・ジョンソン/ケイト・コーエン/マリサ・ポルヴィーノ/アニー・マータ/デヴィッド・ヴァルデス/アーロン・ライダー
脚本:ジャック・パグレン
撮影:ジェス・ホール
美術:クリス・シーガーズ
音楽:マイケル・ダナ
出演:ジョニー・デップ/モーガン・フリーマン/レベッカ・ホール/ポール・ベタニー/キリアン・マーフィー/ケイト・マーラ




(06 27 2014 やっぱり愛なんだよなぁ)






alice_lambi - View my recent photos on Flickriver



今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:映画感想 - GENRE:映画
映画ワクワク】 | CM(0) | top↑
<<夜明けの晩の待ち合わせ | Home | ジ・アーリーバード・カフェ THE EARLYBIRD CAFE 閉店>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア