| Home |
バルテュス展 Balthus A Retrospective @東京都美術館
S0010503-s-r.jpg
FUJIFILM XF1


痛みはわたしの内部にまで達する。
外は雨。
降り出した途端に梅雨入りのアナウンス。
何時からか、天気予報の信ぴょう性も高くなった。
夜にかけて強くなると云う雨に備え、ポンチョも用意して出掛ける。

多くの人が群がる場所に出掛ける際には、雨嫌いの世間の人に背いての行動が確かだ。
6月22日までと残すところの会期も短くなっているバルテュス展。
メディアで頻りにCMしているので、この豪雨の日を逃せば、きっと大満員でゆっくり観て回る事なんて出来ない。
 
背中のリュックの中までじっとり湿ってしまうほどの雨。
晴れ女ではあるけれど、梅雨では仕方がない。
でも雨は嫌いじゃない。むしろ、しとしと朝から降り続く雨をココロで感じて過ごす一日をどちらかと言うと愛するほうだ。

どしゃ降り、金曜日の夕方。予想通り美術館の中はガラガラ。
午後7時までの3時間、ゆっくりじっくりバルテュスの世界を旅する。

少女を描いた彼の気持ちは、違った形ではあるかもしれないが、わたしも同様に持ち合わせているので理解できる。
少年少女の未成熟であるが故の危険なほどの瑞々しさは、開花する前のほんの一瞬の花々のようであり、また、まだ柔らかな若葉のようでもある。
ただ、わたしにとっては、その時期は思春期の少女に限定されるものではなく、例えば、枯れかけた草木のような年齢の人々にも同じような愛おしさを感じる。

しかし、その暖められた空気の絵画の中に、大胆な構図の少女が閉じ込められていたならば、観るのもの心を奪わない筈がない。
何枚もの習作を繰り返し、描かれた少女たち。
不思議と生きた声は聞こえないけれど、体温を感じるほど世界は近い。

再現されたアトリエのドア、続くアトリエ。遠くに山々を写す大きな窓。椅子。テーブルに上の画材。
浮世絵の画集、杖、日本の役者から贈られた和服。
140点以上もの展示、これほどのスケールのバルテュス展はもう二度とないだろう。

真っ暗な上野公園の足元に打ち付ける雨脚は段々強くなった。
痛みは増す、でも折角だから、もう一つ展覧会を観て帰ろう・・



(06 06 2014 静かな時)



バルテュス展作品紹介
http://balthus2014.jp/works

出品作品リスト
http://balthus2014.jp/pdf/balthus-works-list.pdf

バルテュス展 Balthus A Retrospective @東京都美術館


バルテュス展 Balthus A Retrospective 東京都美術館
http://balthus2014.jp/





alice_lambi - View my recent photos on Flickriver



今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:art・芸術・美術 - GENRE:学問・文化・芸術
空気にあたる】 | CM(2) | top↑
<<平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品 / ジャック・カロ | Home | おめでたい 林久右衛門商店>>
comments
fuwariさんこんにちは〜
バルテュスは猫もよく描いていますよね。
あと奥様とスイスの別荘もテレビの番組なんかで拝見します。
雨は残念でしたけど、ガラガラの中ゆっくり鑑賞できたというのは羨ましいです。
優れた芸術作品が日本に来てくれるのは嬉しいのですが
人が多過ぎて、鑑賞する気力が無くなってしまうんですよね。
【2014/06/13 19:10】URL | pie #yunwBDhk[ EDIT]
pieさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます(^-^)
pieさんのアンテナはまた素晴らしいですよね(*^。^*)
最近もきっと楽しいものを沢山ご覧になられたと思います。

日本人は展覧会が凄く好きみたいですよね。
いつ行っても超満員で、初めてパンダが来たときのように、会場内も並んで絵を鑑賞するのが恒例になってしまいましたね。
それが嫌だったので、この日は丁度豪雨になるとのお天気予報を聞いて即決行しました。

わたしもテレビ番組観ましたよ。
奥さまも素敵な方でしたね。
【2014/06/29 02:07】URL | ★pieさんへ Fuwari Funwari #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア