FC2ブログ
 


| Home |
紀の国屋さんの粟大福

何年か前に近所に住んでいた友人2人と久々に逢った。
近くに引越ししていった息子の同級生のお母さんと、遠くに引越ししていった几帳面で綺麗好きなお母さん。
二人とは、飾らないお付き合いをして頂いていたので、何年か振りに逢ったんだけど、全く違和感無く、近況報告などお話に花が咲く。
遠くに引越ししたお友達に、多摩の銘菓『紀の国屋さんの粟大福をお土産に頂戴した。
実は前に頂いた時、非常に気に入ったものだから、今回も紀の国屋さんの粟大福をおねだりしていた。


お友達からのお土産


芸能人の差し入れなどお土産にもよく利用されるらしい紀の国屋さん。
東京都武蔵村山市三つ藤が本店との事なんだけど、ホームページが無いので、国立ショッピング情報をご覧になってね。
デパートにも出店されているそうです。


紀の国屋さんの粟大福


淡い塩味の粟餅ベースの中に、粒餡が入っている、シンプルでさっぱりした和菓子です。
米粉で作られたみたらし団子などと同じ様に、添加物を使っていない粟餅なので、その日のうちに食べないと、硬くなってしまうのが残念。
美味しいのは「その日のうちに」が原則だけど、次の日に食べる時は、オーブントースターなどで温めて・・・とのクレジットがあった。
沢山頂いたので、今日温めて食べてみたけど、お焼きみたいに香ばしく別物になった。
でも、やっぱり、その日の内に召し上がれ。です。


田中恒子さんの器の粟大福


ハスの葉みたいに美しい器は、作家田中恒子さんの器です。
一枚づつ買い足しているの。
色んなアレンジで、テーブルコーディネイトが出来るから田中恒子さんの器は素敵。


ブログランキング、参加しています。
又応援して頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村 インテリアブログへ

THEME:コレ知ってる? - GENRE:ライフ
おいしいねTB(0) | CM(0) | top↑
<<人に優しく虫に厳しく ハーブで防虫 | Home | 木の実は秋を感じているよ>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする