FC2ブログ
 


| Home |
夏越の祓、栗水無月 五建外郎屋
6月30日は夏越の祓(なごしのはらえ)。


DSC_0121-1-s-r_202006302350315d1.jpg


古くは神話の時代まで遡るそうですが、一先ずは平安時代の旧暦の6月1日、氷室から切り出された氷を口にすることで、夏を健康に過ごそうと願う『氷室の節句』なる宮中の行事から始まったのが夏越の祓えだそう。
半年の穢れを祓い、清めた心身で新たな日々を迎えるもの。

氷など口に出来ない平民は、麦の粉を練ったものを氷に見立て(外郎ですな)、厄払いの小豆を上に施したものが水無月の初めと聞く。
京都の酷暑を乗り切る為に、茅の輪をくぐり、甘く拵えた水無月を食べ、邪気を祓い、無病息災を願ったものだそう。


DSC_0117-s-r.jpg


寿命も短く、生きることが困難だった時代の人々の、日々の感謝と禍への畏れが、一つ一つの行事や風習でひしひし伺える。

慌ただしく動く世界を見つめ、そしてわたしは生ういろの水無月を味わいつつあれこれ思う。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす










THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
実山椒の水煮 2020
なかなか手に入らなかったけれど、今年も実山椒の水煮を拵える事ができた。


DSC_0009-s-r_2020062620050367b.jpg


袋から出すとふわっと香る。
茹でこぼすと更に香りが強くなる。

粒粒、摘み取る苦行の指先の痛みが、今年は嬉しい。



集合体恐怖症の方、ごめんなさい









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす










THEME:食べ物の写真 - GENRE:写真
保存食・常備菜】 | CM(0) | top↑
料亭のあんぱん 下鴨茶寮
下鴨茶寮の料亭のあんぱんが4つも届いた。
自粛中のつれあいの取り寄せ。
友人やa1gouにもせっせとセルフuber eatsしていた。


DSC_0169-2-s-r.jpg


あんぱんと言ってもパン生地であんを包んだあの形態ではなく、あんトースト好きの小山薫堂さんの考案されたあんぱんは、食パン型のマーブルあんぱんとご本人は説明されている。
わたしの印象は小豆を巻き込んだデニッシュパン風って感じかしらん。


DSC_0200-s-r_202006242310353f3.jpg


このあんぱんを最高に美味しく食べるには、バルミューダのトースターを用いて焼き上げるのが最高らしく、スチーム、加熱、蒸発を60度、160度、220度の温度帯を上手にコントロールし、初めて最高のあんトーストに完成するようだ。


酒種仕込みの生地の表面がカリッとバターの風味が芳ばしいあんぱんを完成させるには自宅仕上げが必須だなんて知る由もないわたし。
それどころか、デニッシュ風だったので、サクサクスライス、生食パクパクで完食してしまったのだ。
勿論我が家にはバルミューダも無い。


DSC_0211-s-r_20200624231038a14.jpg


あぁなるほどね、生食で食べた時の何となく物足りない感って、トーストしなかったのでバターが生地に馴染んでいなかったのかも。
焼いたパンを想像すると、説明がストンと理解できる。
説明書き欲しかったなぁ、バルミューダないけれどw


てか、下鴨茶寮を小山薫堂さんが経営されていたってことも初めて知ったのだ。











今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす










THEME:パン - GENRE:グルメ
bread_photo】 | CM(0) | top↑
初物西瓜
DSC_0106-s-r_20200623235222a62.jpg



初物の西瓜は赤じゃなくって黄橙を選ぶ
 
赤は間違いないけれど、サマークリーム、ビタミンカラーは心が逸る。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす










THEME:食べ物の写真 - GENRE:写真
still life】 | CM(1) | top↑
おいしくてつよくなるビスコ
1933年に誕生した酵母入りクリームサンド、『ビスコ』
ネーミングは現代のJK語のように、酵母入りビスケット→コービス→ビスコと、今も昔も変わらない言語変換からなされたみたい。


うさぎの未来の終末には大変お世話になった。  
動物に人間のお菓子は・・と躊躇する頭の固いわたしであっても、ビスコの音を耳にした未来の嬉々とした様子には柔軟な対応を選ぶしかなかった。


DSC_0029-1-s-r_20200526201356bf7.jpg


“おいしくてつよくなる”

前夜、強制給餌とリンゴジュースを摂った後も、抱き抱えた胸の中で、ビスコをカリカリ齧ってわたしを大層喜ばせてくれたのだ。

凍えるような寒さの大晦日の病院帰り、公園の垣根に鮮やかに咲いていた山茶花の紅を未だ温かくふわふわの未来の上に添えた。。


DSC_0039-1-s-r.jpg


小さく欠けた前夜のビスコ。
うさぎの未来に希望と強さをありがとう。
昨年の彼へのクリスマスプレゼントはビスコのギフトボックス。

1000post目のこんな短い文章をなかなか書けずにひと月近く。
いけませんねぇ、泣き虫で。










今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす










THEME:人生の流れ - GENRE:ライフ
mind】 | CM(1) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする