FC2ブログ
 


| Home |
梅干を食べる為に

3種類のおにぎりを選ぶとしたら、その中には梅干も入れるだろう。
でも、もし2種類チョイスなら梅干は多分選ばない。

扁桃腺を腫らし、高熱に悩まされていた子ども時代、多忙の母から愛情を注がれていた証しの一つが、お粥と梅干、そして氷まくら。
よそのお家ではそんなの普通で、え、それ愛情?ってなもんで、思い出のカテゴリーにも入らないのかもしれない。


DSC_0309-s-r_20191130145939789.jpg


母は働き者で、昼も夜も労を惜しむことなく常に仕事に向かっていて、おっとりした性格だったので、気力を奮い立たせ無理をしていたか、或いは、死語かもしれないけれど、貧乏性と言うような癖もあったのかもしれない。
そんな母からは、小言どころか、声を荒げられたり、叱られたことあったかな・・と思いだせないほど。
わたしは良い子ではなかったので、ムカつくことだって山ほどあっただろうに、耐え忍んでいたのか・・涙

放任とまではいかなくっても、何事にもあまり干渉されずに育てられ・・いや、本当は干渉されていたのに、わたしの我が強く、穏やかな母の注意など跳ね除けていたとも考えられる。
我も強く、良い子ではないけれど、わたしは両親ともに大好きで、母が鏡に向かっている時なども、横で頬杖ついて眺めていたり、お買い物では重い荷物はわたしに任せておけと頑張ったり。

多忙にかまけていたのではなく、俯瞰してくれていたのかな。。
改めて考えると、あのお粥と梅干はやっぱり大きな愛情の証しのひとつだったんだと思う。


DSC_0306-s-r_201911301647158c5.jpg


梅干は白ご飯やおにぎりではなく、やはりお粥。
お粥の梅を崩した時に滲み出る、赤紫蘇や梅酢のあの味と色のグラデーション部分にこそ梅干の魅力が現れていると思うのだ。


だから梅干を食べたくなったらやっぱりお粥を炊く。 
少し喉が痛くて咳も時々。
明日から師走、お粥を食べて元気になる。

そうそう、フォロワーさんからハチミツ大根なる良薬も教えて貰って喉もすっきりしたところ。
ありがとうhinaさん。


うだうだの長文、読んで下さってありがとう









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:おうちごはん - GENRE:グルメ
お家ごはん】 | CM(0) | top↑
広葉の房 とらや
和菓子は、職人さんの手作業の練り切りは優しい空気をふわっと纏い、とても可愛らしいが、熟練した木型職人が作る菓子木型で作られた生菓子は、木型の細部にまで美しい彫りが施されている為、型から取り出された菓子は、古式ゆかしい文様でそれはそれは雅である。


DSC_0018-s-r_2019112721593391a.jpg


葡萄棚からずっしり重く垂れ下がる、瑞々しい葡萄を模ったとらやの広葉の房。
色と言い、形と言い、大好きなお菓子のひとつなのだが、昨日今日のこの気温、もはや葡萄の季節ではないことはバレバレ、美しい広葉の房は遅ればせながらのpostで、9がつの生菓子なのだ。

ぐだぐだとしてる間に、日めくりカレンダーの千切った跡は層になってしまった。

2918年にデビューした広葉の房は、こんなにモダンなのに、今年、101歳を迎えた1世紀ランナー。


今日は新月。
悲しくいる人の下に安らぎと幸福が届きますよう。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
う~~ん おいしい
想像力を搔き立てられる食材を発見すると、思わず立ち止まってしまう。

そして心まで惹きつけられるには、やっぱりお味見。
加えて、アレンジへの扉まで導いてくれる販売員さんがそこに居たら、間違いなくお財布を取り出すだろう。
与えられた食材を食べるだけではやはり物足りない。


DSC_0004-s-r_20191127021715674.jpg


品物の良さを見極めるのは当然だけれど、頭の中が味の妄想でぱんぱんに膨らんだ時に、いつもならこんな価格のバルサミコは買わないけれど、よし!とばかりに新しい食材へ気持ちが向くのだ。
いつも使っているバルサミコもかなり気に入っているのだが、こちらの5年熟成のバルサミコ・ディ・モデナ・ビオは、瞬間、酸味と甘みが尖っているようで、旨味と変化したときには円やかに舌の上で余韻だけを残す、個性と気品のあるお味。
放牧で、飼料もビオのストレスフリーの白牛のミルクの2年熟成のパルミジャーノ・レッジャーノも絶品で、泡ものにもぴったりだろうな。


DSC_0012-s-r_20191127021716a65.jpg


地元のシナグロ CINAGROさんでは、お惣菜やお弁当が主であったけれど、近く、チーズやオリーブオイルなどオーガニックの美味しい食材も取り扱うとの事なので、食いしん坊の楽しみがまた増える。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:美味しくて、オススメ! - GENRE:グルメ
shopping food】 | CM(0) | top↑
イチジクパン メゾンカイザー
寒いです。

太陽が見えないから寒いです。
雨が降っているから尚寒いです。

この時期には色々思い出があって、今思い返すと、どれも温もりのあるものじゃなく、心が彷徨うような裏寂しさが残るものばかり。
事実としてはあるものの、実態は不確かで、曖昧で、砂漠の遠い丘に揺らめくラクダの隊列のように。

だけど、一つ一つ全てのシーンがその当時のわたしにとっては煌めいていて、例えそれが泪色であっても愛しく忘れがたい記憶。


迷い子にならぬよう、秋の、午後の囁きに耳を貸してはならない。


堆積する黄金色の銀杏の中から探し出した、そんな思い出が、定まらない視点の中に映し出された午後のおやつはメゾンカイザーのイチジクのパン。
イチジクは、実がぎゅっと締まり甘さが増したドライでも、甘さ優しいふわとろなフレッシュでも、果肉とザリザリした種の歯触りのコントラストに堪らない魅力を感じる。


DSC_0018-s-r_20191123223113d20.jpg


寒いです。
でも
怠惰にイチジクパンを食べながら過ごす土曜日が一番好き。











今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:パン - GENRE:グルメ
bread_photo】 | CM(0) | top↑
新蕎麦 bravo♪
わたし達を震え上がらせた幾つもの台風。
再建の目処が立たず、途方に暮れる人々も多くおられると聴く。


DSC_0001-s-r_20191121223335736.jpg


長野県も被害があったそうだ。
戸隠れはどうだったのだろうか。
そんな今年の新蕎麦を、いつも以上に心して頂く。


IMG_4276-1-s-r.jpg


打ち立てではないけれど、蕎麦の爽やかな香りが蕎麦を手繰る度に鼻に抜ける。
甘みを含んだ滑らかな喉ごし。
夏の緑の風を含んだかのような、軽やかな新蕎麦bis☆









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:おうちごはん - GENRE:グルメ
お家ごはん】 | CM(0) | top↑
スフレ・プリン・ティラミスカフェ
a2gouのお土産、ファミリーマートのスフレ・プリン・ティラミスカフェ。
珈琲プリンとティラミスがドッキング。
ティラミスを生かす為にか、珈琲プリンは味も控えめ硬さもフルフル。
間のクリームの層が濃厚なティラミスと珈琲プリンとの両者を違和感なく繋いでいる。


DSC_0238-s-r.jpg


わたしとしては、珈琲プリンはもっと主張してもよいのでは・・なんて思ったのけれど、試行錯誤のコンビニの商品開発は並大抵の事ではデビュー出来ないのだ。


DSC_0251-s-r.jpg


何十年前だったか、ティラミス、めちゃめちゃ流行ったなぁ。
あれからずっと好き。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
トキメキ急募
お天気の良い日は、お昼からでもちょいと一杯やりたくなってしまう。
と言うのは以前の話。
何だろうね、トキメク何かを失ったからか。
なぁんてね、夏まではちゃんと?飲んでいたのであります。


DSC_3014-s-r_20191117195920670.jpg


オリーブオイルスプレッドにバルサミコを少々混ぜたものを大好きなライ麦マフィンに塗ってレタスとプロシュート。
シンプルだけど、マフィンやプロシュートの味が際立つ。
レタスよりクレソンの苦みと歯触りがあった方が良かったかな・・と次回に繋ぐ。


DSC_3008-s-r_201911171959199ed.jpg


トマトジュースで健康ライフ(笑)









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:おうちごはん - GENRE:グルメ
お家ごはん】 | CM(0) | top↑
ニューヨーク パーフェクト チーズ
行列を見ると、何並んでいるの~?とついつい覗きこんでしまう。
ま、大抵お菓子よね、わたしの場合。
10月初めにも行列。
新しい店舗を取り囲むように老若女女。


DSC_0147-s-r.jpg


オープンは9月のおわりらしい。
地元にもNEWYORK PERFECT CHEESEが出来た。
と言っても、実は初めて見聞きした焼き菓子。
お試しに良さげな縦長の可愛い5本入りのボックスは完売。
で、8本入りを。


DSC_0164-s-r.jpg


ゴーダチーズの風味満点、クルンと緩い輪に焼き上げられたチュイールの中には滑らかなミルククリーム、そして拍子木状のホワイトチョコ。
世界のチーズのスペシャリストが監修したとか。。
クッキーの味わいとチェダーチーズを加えたホワイトチョコ、更にはそれらを取りあわせるミルククリームの存在はベストマッチ。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
冷ご飯
わたしが口にするその日の最初のご飯は、大概お下がりなので冷ご飯だ。


DSC_0107-s-r_20191113223151e03.jpg


温めないのは、冷たいご飯が嫌いじゃないから。
ただ焼き海苔は巻きにくい。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:おうちごはん - GENRE:グルメ
お家ごはん】 | CM(0) | top↑
立冬にて
春のお彼岸にはぼた餅、秋にはおはぎ。
牡丹に萩、花に例えたネーミングであるけれど、仕様が少し違っているのは皆の知るところだろう。

春と秋のお彼岸以外、夏と冬にもこのもち米と小豆の“おはぎ”なお菓子は名前を持つと知る。
夏は“夜船”冬は“北窓”と呼ばれ、勿論それぞれ意味がある。
夜船と云う名は何となく風情を感じるけれど、“北窓”は何だか物悲しい小説のタイトルのよう。


DSC_0092-s-r.jpg


仙太郎さん、この時期にぼた餅?と思い調べてみると、立冬を迎えた昨日のぼた餅は、ふむふむ北窓でしたか。
柔らかく炊かれたツヤピカの黒米は新米でしょうか、その絶妙な塩味と滑らかな餡とが混じり合い、口の中で解けるほどに青紫蘇の香りが鼻に抜けて快い。


立冬、そして北窓 青じそ入り黒米ぼた
あぁ、このおはぎ、もしかしたら今まで頂いたものの中で一番好きかも。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(1) | top↑
秋刀魚のコンフィ
低温のオリーブオイルでゆっくり仕上げた秋刀魚のコンフィは、骨まで柔らか、身もしっとり。


DSC_0078-s-r_20191107234948755.jpg


オイルにも美味しい香りと味わいがごっそり残っているので、コンフィにたっぷり用いても、パスタなどにも二次転用できるので全く無駄がない。










今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:常備菜・保存食をつくろう - GENRE:ライフ
保存食・常備菜】 | CM(0) | top↑
愛媛県産いちじくの焼きタルト FOUNDRY
フレッシュな無花果のタルトは間違いなしだけれど、焼いた無花果は全力で主張する旨味と甘みがぎゅっと濃縮され、それがタルトになると益々美しく発揮される。


DSC_0180-s-r.jpg


疎らに聞こえる虫の声、放牧された羊雲、数を増やした星々、秋の訪れを朝晩に感じつついた10月の初め頃。


秋は大人が恋をする季節なのだ。
あっ、いやわたしはお菓子よコイ♪となりましょう。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする