FC2ブログ
 


| Home |
長く美しい思い出について
「思い出というのは、人生の燃料になります。歳を取ってから、その燃料があるとないとでは人生のクオリティーが違ってきます」と語られた村上春樹さん。

人と繋がる事が怖くなったり、此処の所のわたしの思い出は、決して良い思い出ばかりとは言えないけれど、苦い出来事も未だ来ぬ未来も、今の自分の在り様で、フレーバーも行き先も変わってくるのだと思う。
未だ克服出来てはいないけれど、それがきっと思い出から作られる燃料なんだろうな。。
友人という関係に不確かさを感じ、迷路で彷徨っている感のあるわたしだけれど、仲良くして下さっているご近所のご高齢の方々との遣り取りでは、人が紡いできた歴史、その過程で深めていらした思いなど、多くの気付きを頂いた。

村上春樹さんが訳された、カポティの『クリスマスの思い出』でも、煌めくモミの木のデコレーションの如く、貧しいながら紡いでいた終生忘れられない幼い頃の温かな思い出が綴れれている。
70を超え、80を超えるそんな愛すべき隣人の彼女らの思い出が愛おしくてならない。


DSC_0184-s-r_20190706191325394.jpg


数日前、そのおひとりから手作りのトートバッグを頂戴した。
彼女のソーイングに纏わる幾つかのストーリーを「うんうん」と頷いて聴き入っている内に、まるで同じ時間を共に過ごしてきたような気持ちになる。


DSC_0185-1-s-r.jpg


彼女らは生きてきた。
そして、道々で経験された思い出は糧となり、人生のクオリティーを益々高めているのだと強く感じるのであります。

Nさん、ありがとうございます♪










今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:**暮らしを楽しむ** - GENRE:ライフ
mind】 | CM(2) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする