FC2ブログ
 


| Home |
きぬかつぎ たねや
昨日10月4日は朧月の十五夜。

秋の真ん中の満月、旧暦の8月15日の夜の月を『十五夜』とか『中秋の名月』と言うけれど、旧暦と新暦の間にはひと月の捉え方の相違による時差が発生する為、この日が満月でない方が多い。
因みに10月の満月は、10月6日。


DSC_3027-s-r.jpg


秋一番に収穫される芋、稲穂の代わりにススキ、秋の七草などをお供えし、月を愛で、豊穣を祈り、神さまに感謝する。
ススキはまた月の神さまが宿る依り代と考えられていたそう。
芋をお供えする為なのか、芋名月とも呼ばれているようだ。


DSC_3032-s-r.jpg


その時期、その時々に生まれいずる様々な事物に目をやり、それを当然と考えるのではなく、恵みを奉納し、授かることに感謝すると云う、謙虚で美しい人の姿がその昔はあった。
わたしも例外ではないけれど、今は恵みに感謝とか、そんな考えでお月見をする人は殆どいないだろう。
それどころか、お月見をする人すら減ってきているだろう。

時代と共に文化も変化し、継承されるもの、そうでないもの、色々あるけれど、自然の瞬きにほんの少しでも目を向けて、イベントとしてでもこんな優しい風習を忘れないで生きていたい。


DSC_3052-s-r.jpg


お菓子は10月4日限定販売の、里芋を模った『たねや』さんの『きぬかつぎ』
小振りのぷるるんとしたお餅の中には甘さ控えめなこしあん。


来月1日はは十三夜。
片見月にならないよう晴れるといいな。









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:食べ物の写真 - GENRE:写真
sweets_photo】 | CM(0) | top↑
オレンジセパレートティー 珈琲日記
いつもある場所に無い、いつもいる人がいない・・
少し寂しい先月の代官山。

移転の為に、8月をもって代官山の店をクローズした珈琲日記さん。
ストーリーの第2章は、11月の半ば頃、東京メトロ東西線の『神楽坂』駅の閑静な住宅街から始まるそうだ。

横浜からは、乗り換えあり、片道50分前後掛かるので、代官山の時のように気持ち気軽ではないけれど、毘沙門天、黒塀、、通りには路面店、その奥には立体パズルのように住宅が入組んで並ぶ、神楽坂は好きな街。
神楽坂 temameさんにも立ち寄れる。


DSC_2974-s-r.jpg



DSC_2977-s-r.jpg


8月最後に飲んだ黄金レシピのフルーツセパレートティー、オレンジセパレートティーはロマンティックな夕陽のように美しく、甘く爽やかに美味しかった・・









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:食べ物の写真 - GENRE:写真
外ご飯】 | CM(0) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする