FC2ブログ
 


| Home |
水谷川優子さん 日曜午後のコンサート@ヒルサイドテラス
昨日は午後2時からヒルサイドテラスで水谷川優子さんのチェロの演奏会があったので、全てをその時間に合わせて予定する。
ひと月に一度の美容室の予約を11時半に。
11時前には代官山に到着し、珈琲日記さんに並び、フルーツサンドとアイスロイヤルミルクティーを頂く。
逆算して三つの予定はパーフェクトの筈だったのに~~~汗


急行に駆けこめず目前でドアは閉まり、無情にも電車は遠のく。
珈琲日記さんには11時前には到着していたのに、僅かに出遅れた為に2ターン目の4人となる。
1陣が宴を終えるまで外で並んでいれば17食のフルーツサンドにはありつけたであろうけど、それでは美容室の予約に支障をきたしてしまう。
終わってからでは当然売切れ。
汗 汗 汗
せめてそれではと、アイスロイヤルミルクティーと季節限定の抹茶スコーンをテイクアウト。
そんなことってある~?!ホントそんなこと滅多にないのに美容室で全部じゃないけれどカップを倒してソファーにまで撥ねを飛ばしてしまう。
ごめんなさーーーい
泣 泣 泣


運よく沢山残っていたので美味しく飲み干し、病み上がりの渡辺くんにスタイリングをキメて貰ってさて移動。
嬉 嬉 嬉


50人ほどの音楽好きの為に隔日曜日毎に代官山のサロンで開催されている日曜午後のコンサート。
水谷川優子さんのその日のプログラム、カザルスの鳥の歌を見て、直ぐに予約けど本当に良かった。 
誰も知らないわたしの悩みなど黒人霊歌から始まり、そのカザルスのカタロニア民謡・鳥の歌。
アントーニのリチャルカーテから。
そしてバッハの無伴奏チェロ組曲 第1番ト長調に黛敏郎の無伴奏チェロのためのBUNRAKU。


DSC_3013-s-r.jpg


音色はお人柄か、とても優しいのに、BUNRAKUの気迫の演奏には驚かされた。
ブラボー!まさに文楽!

チェロの音はわたしの声。
でもお話し好きと仰る通り、人を惹きつける魅力あふれるお話しは、演奏のプロローグとしても最高であった。

帰りは代官山に移転したミナ ペルホネンのマテリアリで今日のコンサートにぴったりの鳥のトレー、goを、メゾン・イチでタルトをお土産に。


結局お昼は抜きになってしまったけれど、アクシデント以降は好いこと尽くめ。
独りでゆっくりのんびり、佳き日曜日は穏やかに暮れてゆく。

THEME:クラシック - GENRE:音楽
空気にあたる】 | CM(0) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする