| Home |
トランセンデンス TRANSCENDENCE
2014年6月28日土曜日から公開のトランセンデンスの先行上映会に金曜日に行ってきた。
ここんところヒューマンな映画ばかり観ていたので、久々の近未来ものに気持ちを高鳴らせたいと期待する。
もともとsfものが好きなので、映画を見終わる時にはすっかりその世界に染まり、地球を救うのはわたししかいない位の気合をチャージして映画館を後にする。

トランセンデンス TRANSCENDENCE


人口知能PINNを開発する科学者ウィル(ジョニーデップ)は、人間的ではないこの開発に反旗を掲げる反テクノロジー組織の過激派RIFTに銃撃された。
同業者であり良き理解者の愛妻エブリン(レベッカ・ホール)は、管理されていたPINNを盗み出し、絶命間際のウィルの頭脳をインストールする。
PINNと融合したウィルは、サイバースペースから意志を世界に及ぼす為に、エブリンに指示しひなびた街に巨大な拠点を造り上げる。

コンピュータにアップロードされたウィルの頭脳は世界中の情報を手に入れ、恐ろしいスピードで進化し、全ての個体をも再生させる意思を持つ事になる。
ウィルの頭脳がもたらすハートではあるけれど、それはこのタイトルそのもの、transcend(トランセンデンス)、超越した神とも見紛う、世界を制覇する能力だった。


トランセンデンス予告 - 映画.com


実の所、この映画を観終わってからも、これが訪れない未来ではなく、何世代か後の人類がその賛否を問われるのではないかと、恐ろしげもなくふと思う。
もはやsfはずっと以前のようなサイエンスフィクションではなく、サイエンスノンフィクションであることの方が多い。

「ダークナイト」で3部作の撮影監督を務めたウォーリー・フォスターが監督としてデビュー。
アカデミー賞4部門を受賞した「インセプション」のクリストファー・ノーランが総指揮。
「ダークナイト」のスタッフと作り上げたこの作品、流石と言って間違いない圧倒的世界観のsfであり、また人間の普遍のテーマを深く考えさせられた素晴らしい映画だった。
 
脆く壊れやすいから優しく。
失われるから愛しく。
消えて無くなるから信じる。

愛とは何か、幸福とは何か、死とは何か、永遠とは何か。


トランセンデンス ジョニー・デップ インタビュー映像 - 映画.com



トランセンデンス 
119分
原題:TRANSCENDENCE  
transcendence.jp/
2014年/米

監督:ウォーリー・フィスター
編集:デヴィッド・ローゼンブルーム
製作総指揮:クリストファー・ノーラン/エマ・トーマス/ダン・ミンツ
製作:アンドリュー・A・コソーヴ/ブロデリック・ジョンソン/ケイト・コーエン/マリサ・ポルヴィーノ/アニー・マータ/デヴィッド・ヴァルデス/アーロン・ライダー
脚本:ジャック・パグレン
撮影:ジェス・ホール
美術:クリス・シーガーズ
音楽:マイケル・ダナ
出演:ジョニー・デップ/モーガン・フリーマン/レベッカ・ホール/ポール・ベタニー/キリアン・マーフィー/ケイト・マーラ




(06 27 2014 やっぱり愛なんだよなぁ)






alice_lambi - View my recent photos on Flickriver



今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:映画感想 - GENRE:映画
映画ワクワク】 | CM(0) | top↑
ジ・アーリーバード・カフェ THE EARLYBIRD CAFE 閉店
RIMG0515-s-r_20140630101159da7.jpg
Ricoh R8

驚いた。
ジ・アーリーバード・カフェ THE EARLYBIRD CAFEが2014年5月27日をもって閉店していたとは・・

パンの人気は留まるところなくうなぎ上り。
カフェも併設したなかなかオシャレなパン屋さんだったので、店内も賑わって、人気があったように思えたので本当にびっくり。

購入してきた5種類のパンを取りあえず見返してみる。
味はよく覚えていないけど、わたしはこうゆー素敵なお店は好き。
でも、これだけパン屋さんが出来ると素敵だけでは生き残れない、理由はそんなところにあるのかな・・



まぁ、『徳多朗』でパンは購入できるわけで。。。
きちんと残すべきものが残ってよかった。



(07 05 2013 閉店かぁ・・・)




ジ・アーリーバード・カフェ THE EARLYBIRD CAFE


ジ・アーリーバード・カフェ THE EARLYBIRD CAFE
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-10-1 ピースフルプレイス 1F




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:こんな店に行ってきました - GENRE:グルメ
パン】 | CM(0) | top↑
横浜ワインバル 青木酒店 本店
求めたり期待するから、悲しい気持ちになったりがっかりする事になるのは分かっている。
達観して何事にも平然と受け入れる事ができたなら、どんなにか心の負担が無くなるか・・
でも、そんな起伏のない仏のような気持ちになるのは今じゃなくってもいい。
今は、裏切られたり、傷つけられたりする事も、思いっきり悲しんで泣きたいと思う。


RIMG0489-s-r_20140630091057de2.jpg
Ricoh R

久雄ちゃんと仲直りして随分経つ。
来年の誕生日には同じものをプレゼントするよ。と去年言っていたけれど、この所色々あって、なかなか逢えない。

今年の4月に横浜駅の西口のワインバル青木商店に仕事帰りに誘ってくれた。
こんなカジュアルなお店、地元のわたしも知らなかった。

RIMG0509-s-r_20140630091259003.jpg
Ricoh R

400gのローストポークが980円とお料理も超リーズナブルなのにめっちゃ美味しい。
ご馳走して頂いて、リーズナブルなんてのも失礼な話だけどね(笑)
ハモンセラーノもこのボリューム。
アンチョビキャベツも癖になる。
ワインはボトルで2500円。




友達が笑顔でいるのは嬉しい。
久雄ちゃん、早く元気を取り戻してね。
次はわたしがご馳走するよ。




(04 22 2014 おつかれさま)




横浜ワインバル 青木酒店 本店

横浜ワインバル 青木酒店 本店
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-16-2
http://r.gnavi.co.jp/g976203/(ぐるなびより)
045-313-6768
月~金
17:00~23:30

16:30~23:30
日・祝日
16:30~23:00
定休日:無






alice_lambi - View my recent photos on Flickriver



今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:こんな店に行ってきました - GENRE:グルメ
外ご飯】 | CM(0) | top↑
平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品 / ジャック・カロ
早逝の天才ジャック・カロ(1592-1635)
僅か40数年の生涯で1400点以上の作品を残した17世紀の美術史を代表する版画家。   
今展示は国立西洋美術館が所蔵するカロのコレクション400点の内、220点を初期から晩年までの軌跡として7章で構成展示される。

1章「ローマ、そしてフィレンツェへ」
2章「メディチ家の版画家」
3章「アウトサイダーたち」
4章「ロレーヌの宮廷」
5章「宗教」
6章「戦争」
7章「風景」

作品はエッチングで描かれ、その細部にまで精密で緻密な人びとの生活、文化が表現されている。
中でも戦争を描いた作品は、カロの人間への眼差しが色濃く表現されていると感じた。

5章「宗教」の「7つの大罪」はわたしを立ち止まらせた。
在るっちゃ在る。無いっちゃ無い。
在る時はこの全てがわたしの中に生まれ。
無い時はこの全てが消え去り穏やかな個体に戻る。
それが愚かなわたし。悲しいわたしである。

人ある処に国うまれ。
国ある処に戦争あり。
戦争ある処に貧困あり。
貧困ある処に罪うまれ。

人も疎らな夜の美術館で、400年前の時代を目にし、わたしたち人間はその頃と何が変わり、何を得てきたのか・・と重い気持ちで作品を一点一点を丁寧に観て回る。


DSCF0510-s-r.jpg
FUJIFILM XF1



実はバルテュス展に向かう途中、一番に目が向いたのはジャック・カロ展ではなく国立西洋美術館入口に掲げられていた平野啓一郎さんの名前だった。
様々なジャンルの芸術についての著書をお持ちの平野啓一郎さんが選ぶ西洋美術。
企画展示室の後半は、作家の平野啓一郎さんをゲストキュレーターに迎え
国立西洋美術館所蔵の名品の中から彼がどんな作品を選ばれたのか・・・

非日常、非日常へ誘う作品として、モロー、ムンク、ルドン、そして氏の作品にも取り上げられているドラクロワなど全32作品を解説と共に展示。
どうにも奇妙な作品、日常では目にしない情景。不思議な感覚に彷徨う世界。
32点はどれも共通点がないようでどこか繋がれた特別な想いがあるようにも思える。

閉館間近の美術館、平野啓一郎さんのピックアップされたこれらの作品には、過去の作家たちの多くを語りたがらない、今呼吸する非日常な叫びが見えた。
セレクトされた素晴らしい作品を目に、平野啓一郎さんの世界にますます惚れ込む。
ムンクの接吻を装丁に出版された『透明な迷宮』(新潮社)も読まねば。 


(06 06 2014 アートが降り積もる)
 


平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品 / ジャック・カロ


ジャック・カロ - リアリズムと奇想の劇場
国立西洋美術館
2014年4月8日(火)~6月15日(日)
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2013callot.html 


非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品
国立西洋美術館 企画展示室
2014年4月8日(火)~6月15日(日)
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2014hirano.html

公開作品
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/pdf/2014hirano_jp.pdf

HIRANO_KEIICHIRO_Official_Website
http://k-hirano.com/





alice_lambi - View my recent photos on Flickriver



今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:art・芸術・美術 - GENRE:学問・文化・芸術
空気にあたる】 | CM(0) | top↑
バルテュス展 Balthus A Retrospective @東京都美術館
S0010503-s-r.jpg
FUJIFILM XF1


痛みはわたしの内部にまで達する。
外は雨。
降り出した途端に梅雨入りのアナウンス。
何時からか、天気予報の信ぴょう性も高くなった。
夜にかけて強くなると云う雨に備え、ポンチョも用意して出掛ける。

多くの人が群がる場所に出掛ける際には、雨嫌いの世間の人に背いての行動が確かだ。
6月22日までと残すところの会期も短くなっているバルテュス展。
メディアで頻りにCMしているので、この豪雨の日を逃せば、きっと大満員でゆっくり観て回る事なんて出来ない。
 
背中のリュックの中までじっとり湿ってしまうほどの雨。
晴れ女ではあるけれど、梅雨では仕方がない。
でも雨は嫌いじゃない。むしろ、しとしと朝から降り続く雨をココロで感じて過ごす一日をどちらかと言うと愛するほうだ。

どしゃ降り、金曜日の夕方。予想通り美術館の中はガラガラ。
午後7時までの3時間、ゆっくりじっくりバルテュスの世界を旅する。

少女を描いた彼の気持ちは、違った形ではあるかもしれないが、わたしも同様に持ち合わせているので理解できる。
少年少女の未成熟であるが故の危険なほどの瑞々しさは、開花する前のほんの一瞬の花々のようであり、また、まだ柔らかな若葉のようでもある。
ただ、わたしにとっては、その時期は思春期の少女に限定されるものではなく、例えば、枯れかけた草木のような年齢の人々にも同じような愛おしさを感じる。

しかし、その暖められた空気の絵画の中に、大胆な構図の少女が閉じ込められていたならば、観るのもの心を奪わない筈がない。
何枚もの習作を繰り返し、描かれた少女たち。
不思議と生きた声は聞こえないけれど、体温を感じるほど世界は近い。

再現されたアトリエのドア、続くアトリエ。遠くに山々を写す大きな窓。椅子。テーブルに上の画材。
浮世絵の画集、杖、日本の役者から贈られた和服。
140点以上もの展示、これほどのスケールのバルテュス展はもう二度とないだろう。

真っ暗な上野公園の足元に打ち付ける雨脚は段々強くなった。
痛みは増す、でも折角だから、もう一つ展覧会を観て帰ろう・・



(06 06 2014 静かな時)



バルテュス展作品紹介
http://balthus2014.jp/works

出品作品リスト
http://balthus2014.jp/pdf/balthus-works-list.pdf

バルテュス展 Balthus A Retrospective @東京都美術館


バルテュス展 Balthus A Retrospective 東京都美術館
http://balthus2014.jp/





alice_lambi - View my recent photos on Flickriver



今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:art・芸術・美術 - GENRE:学問・文化・芸術
空気にあたる】 | CM(2) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア