FC2ブログ
 


| Home |
ジゼル 熊川哲也Kバレエカンパニー
アクション映画を観た後は、肩で風を切るような、何故だかそんな気持ちになってしまう。
感化されるのはわたしだけじゃなさそう。
ジゼルの1幕の休憩。
前列の方、ついついバレリーナになってしまったんだろう。


RIMG0457-s-r.jpg
Ricoh R8


昨日1週間早いお誕生日のお祝いに、相方に熊川哲也Kバレエカンパニーのジゼルに連れて行って貰う。
地味な演目であるけれど、舞台も美しく、構成もコール・ド・バレエも見ごたえがあった。。
ストーリーを活かした、2幕の幻想的な舞台作りなどは見事としか言いようがない。
バレエであるので、細部にまで拘る必要はないのかもしれないけれど、1幕に少し無駄があるようにも感じ、反して、もぅ少し感情を説明するような演技も欲しかったが、今思い起こすと、あれは必要だったし、人物の感情表現も非常に巧みに構成されていたかもしれない。
兎に角、熊川哲也のバレエは衰えることなく、美しく力強く、芸術的であった。


RIMG0453-s-r.jpg
Ricoh R8


丁寧なアンコールも訪れていた女性ファンにとっては嬉しいことだろう。
勿論わたしもスタンディングでブラボーと大絶賛であったのです。

上野の文化会館に行く途中、来月のアマテラスのチケットも取れた。
つくずく便利な時代になったと思う。

あー、ラファエロ、終わっちゃってたんだ・・・(・_・;)
一緒に行くことになってたのにな・・・



(06 09 2013 上野には想い出がいっぱい)



Tetsuya Kumakawa
K-BALLET COMPANY
Spring Tour 2013
『ジゼル』

http://www.k-ballet.co.jp/performances/2013-giselle




alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:バレエ - GENRE:学問・文化・芸術
空気にあたる】 | CM(2) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする