| Home |
ふぅふぅ愛宕山 fermier(フェルミエ)
神谷町近く、標高約26mの『愛宕山(あたごやま)』は東京23区内で最も高い自然の山と言われている。
そのちょっぴりカワイイ小さな山を『愛宕隧道(あたごずいどう)』が通り抜ける。
23区内で唯一の山岳トンネルであるこの愛宕隧道を正面にすると、何となく違和感を感じるのは、入口が道路に対して直角ではなく70度の角度になっている為らしい。
この珍しい造りの愛宕隧道の脇に愛宕神社やNHK放送博物館に通じるエレベーターがあるのだが、わたし達は違うルートで愛宕山山頂に向かった。


RIMG0283-s-r_20130427224811.jpg
Ricoh R8

 
記憶も1年も前の事となると曖昧になるが、この日の事は結構よく覚えている。 
23区内で最も高い自然の山、標高約26mの愛宕山を目指すとは思いもしなかったので、この日は珍しくスカートを履き、ハイヒールで出掛けたのだった。
この位の傾斜の坂道、急勾配の階段はよくあるような気がしたけれど、一緒に歩いたN氏はふくらはぎが攣っていた(笑)ので、それなりにシンドイ散歩だったのかもしれない。
実は、こんなエレベーターがあったって事、今初めて知った次第(^_^;)
知っていればN氏も足が攣るような事もなかったのでは・・と思うと笑える。

愛宕神社で参拝をした後、fermier(フェルミエ)に立ち寄る。
世界中から旅してきたチーズがゆっくり呼吸している。
チーズ好きのわたし達には堪らないお店。


RIMG0290-s-r.jpg
Ricoh R8


フージェル1/2を半分こ、カットして貰った。
なめらかなブリの仲間で、表面に飾られているシダ(Fougre)は、もともとは農家で自家用に飾って香り付けしていたのが起源だそうだ。
熟成すると森を思わせるシャンピニヨン(きのこ)の香りが優しく広がると言うのだけれど、その香りを愉しむまで待ちきれない。
イル・ド・フランス、ムラン村からやってきた白カビタイプのフージェルFOUGERUSはあっと言う間に消えてしまった。
 
それとオリーブ好きのわたしのお気に入りになったのは‘バルニエ社製’のアンチョビ入りのグリーンオリーヴ。
このオリーヴ、塩味が絶妙。
瓶を包むこの紙もカワイイ。が、が、この紙が綺麗に剥がれない。それが残念。
麻布十番にも今年2013年2月に「フロマージュカフェ・フェルミエ」が出来た。
そこも行かなきゃ。

この愛宕山には田崎真也さんのワインサロンもある。
次は是非こちらのテラスでワインを愉しみたいな。





家族へのお土産と楽しいひと時を持ち帰る。
帰りの足元は軽かったのか・・いやいや確かそうじゃなかったな・・ 

 

(04 23 2012 ふたりはいつも晴れたり曇ったり) 




愛宕山 fermier(フェルミエ)

 
 
fermier(フェルミエ)
http://www.fermier.co.jp/
〒105-0002
東京都港区愛宕1-5-3 愛宕ASビル 1F
03-5776-7720
月~土 11:00~19:00
定休日:日曜日・祝祭日・年末年始・夏季休業


フロマージュカフェ・フェルミエ
東京都港区元麻布3-11-3 センチュリー六本木101
03-6721-1377
営業時間/12:00~20:00
定休日/火曜


田崎真也ワインサロン
http://www.tasaki-shinya.com/index.html
〒105-0002
東京都港区愛宕1-5-3愛宕ASビル3F
03-5405-2101
月~木 10:00~21:00 
金・土・日・祝日 10:00~18:00 
定休日:なし


愛宕神社
http://www.atago-jinja.com/
〒105-0002 東京都港区愛宕1−5−3
03-3431-0327




alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:こんな店に行ってきました - GENRE:グルメ
空気にあたる】 | CM(1) | top↑
桜ロールケーキ Sucre-en-Rose シュクル・アン・ローズ
四角く焼いた生地にたっぷり
美味しいクリームくるくる

それだけのこと
これだけのお菓子

なのにこの中に幾つもの拘りがある
シンプルだからこそウソがつけない

RIMG0119-s-r.jpg
Ricoh R8


ほつほつとした生地を見た時、まさかここまで完成されたロールケーキだとは思いもしなかった。
生地はしっかりしていてそれでいて口どけもよい。クリームは甘すぎず、生地に負けないだけのボリュームがあるのに重すぎない。
それだけじゃない、二つを合わせたハーモニーが、美味しいと云う言葉以外に他に言葉はないのか、頭の中をごちゃごちゃと探し回ったほど。
えも言われぬ美味しさ。 
 

Sucre-en-Rose シュクル・アン・ローズの季節限定の桜ロールケーキ。
panipopoちゃん、やっぱりあなたって凄いパティシエ!




Sucre-en-Rose シュクル・アン・ローズのpanipopoさん、paniヴァンさんお二人が、
最近旅してきたインドの子供達へのチャリティーイベントを5月19日(日)に企画しています。
お近くの方、ご賛同くださる方、是非お立ち寄りくださいね。



5月19日(日)
インド・チャンデラオ村の子供たちに文房具を送ろうチャリティーイベント Sucre-en-Rose主催
https://www.facebook.com/home.php#!/events/399044203527394/
午後3~8時まで 
入場料:¥500プラス寄付
インド風フレンチ立食パーティー、オークション、子供用フェイスペインティングなど。
Sucre-en-Rose
305-0022 茨城県つくば市吉瀬511-5





(04 19 2013 もぉサイコ―)









facebook
Sucre-en-Rose
http://goo.gl/JJ7kB

 
Sucre-en-Rose シュクル・アン・ローズ
http://sucre-en-rose.com/
〒305-0022
茨城県 つくば市 吉瀬 511-5
029-875-5015
11:30~20:00(ディナーラストオーダー)

panipopo & paniヴァンのこだわり
http://panipopo2.blog96.fc2.com/
 
panipopo & paniヴァンのキッチンから
http://poupet.blog84.fc2.com/




桜ロールケーキ Sucre-en-Rose






alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
おいしいね】 | CM(3) | top↑
Hara Museum ザ・ミュージアム ショップ
RIMG0097-s-r_20130418175905.jpg


Hara Museum Shopではいつも何か買ってしまう。
今回はオオカミのペンとグリーティングカードとブックマーク。
それと最近拘り始めた手帳グッズ、ウィークリー付箋。
ムラサキ色のブックマークはYちゃんに贈ろう。


RIMG0106-s-r_20130418180020.jpg


見る、眺める、選んでいるトキも好奇心を開花させてくれる。
ミュージアムショップは宝箱。


RIMG0110-s-r.jpg



(04 14 2013 好奇心のカタチ)



Hara Museum ザ・ミュージアム ショップ
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

原美術館 Hara Museum
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html
ソフィ カル 『最後のとき 最初のとき』
2013年3月20日(水)- 6月30日(日)

〒140-0001
東京都品川区北品川4-7-25
03-3445-0651


Hara Museum ザ・ミュージアム ショップ







alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:わたしのお気に入り - GENRE:ライフ
雑貨】 | CM(0) | top↑
原美術館 カフェダール Hara Museum Café d'art
外は風が強い。
大きな樹がワサワサと騒いでいる。
風に煽られ、髪の毛を逆立ててテラスでお茶してもよかったけれど、身体も冷えそう。


RIMG0103-s-r_20130418164608.jpg
Ricoh R8

 
泡立つ波しぶきみたいなゼリーが魅力的なケーキは真ん中のムースが効いている。
原美術館、カフェダール、店内でイメージケーキセットを食べながら、時間調整。


RIMG0106-s-r.jpg
Ricoh R8



わたしはいったい何処へ行きたいのだろうか・・・




(04 14 2013 わたしのココロ zawazawazawa)









原美術館 Hara Museum
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html
ソフィ カル 『最後のとき 最初のとき』
2013年3月20日(水)- 6月30日(日)

〒140-0001
東京都品川区北品川4-7-25
03-3445-0651

原美術館 Hara Museum Café d'art
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html




Hara Museum Café d'art web album






alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:こんな店に行ってきました - GENRE:グルメ
外ご飯】 | CM(1) | top↑
ソフィ カル 『最後のとき 最初のとき』@原美術館
彼女は泣いていた。
目を拭って溢れ出る涙を拭っていた。
背中越しにもそれがわかる。
 
時折ため息をついたり、息を切らしたり、一定ではないけれど、呼吸しているかのように、同じリズムで繰り返される波音。
日本人なら多分誰もがわかる、寄せては返すあの波音。
目を閉じると、あたかも其処が海であるかのような錯覚さえしてしまう1階の展示室。

彼らの最初のとき。
 
一度も海を見た事のない彼女が海と向かい合って涙している。
その胸に何が込み上げたのだろうか。

落ち着かない男、感動に震える男。
海を背にして振り返り笑顔を見せる少女。
小さく息を吐いて大きく肩を落とす男。
何かを言いたげな男。
表情を変えない女。

最後に見た彼女は身じろぎもせずにずっと海と向かい合っていた。
振り返った女は胸に赤ちゃんを抱いていた。
全身が鳥肌立った。


ソフィ カル 海を見る 原美術館-s-r


1953年にフランスで生まれ育った現代写真家、ソフィ カルの映像、音響、写真、テキストからなる展覧会が品川の原美術館で開催されている。
今回の作品は、2011年、第12回イスタンブール ビエンナーレで話題を呼んだ『最後のとき 最初のとき』

1986年に発表された『盲人の人々』以降、視力を失った人々に目を向けてきた。
2階の展覧会場では彼らが最後に見たものを聞き取り、テキスト化したものと写真が展示されている。
人の記憶は非常に曖昧に思えた。

『最後のとき』のテキストを読んでいて、視力を失うと云う事は、新しい風景を見る事が出来なくなるだけではなく、記憶された風景をも失ってゆく事なのかもしれないと漠然と感じた。
多くの人間は、毎日のシーンを繰り返し見る事で、記憶として残せるのかもしれない。
繰り返されていたものが滞ったら、記憶として残っていた風景の色も徐々に色褪せてしまうのだろう。

ソフィ カルの記録的概念の表現は、他者を知る事に依り、自らの深層に潜むものを見出すことができる。
原美術館のこの空間、わたしを特別な気持ちにさせてくれるから大好きなんだ♪


群馬の別館ハラ ミュージアム アークでは『紡がれた言葉―ソフィ カルとミランダ ジュライ/原美術館コレクション』も公開中。
好きな動きのある写真、ミランダ ジュライの「廊下」も観て見たい・・・





(04 14 2013 わたしも旅立とう)





原美術館 Hara Museum
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html
ソフィ カル 『最後のとき 最初のとき』
2013年3月20日(水)- 6月30日(日)

〒140-0001
東京都品川区北品川4-7-25
03-3445-0651




alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:アート - GENRE:学問・文化・芸術
空気にあたる】 | CM(0) | top↑
元気?
1年振り位なんだろうか、久し振りにsonomiに逢った。
大人になって何十年も経つので、当然と言えば当然なんだけれど、学生時代の彼女じゃなくなっている。 
彼女は信じるものを持っているので、前向きである事には変わりはないが、物事の見方がなんとなく随分変わった気がする。

皺なんて殆ど無く、今でも可愛い顔をしているのに、ほうれい線が出てきたと気にして、なるべく人目につかない駅前のビルでランチをしたいと言う。
最後に一緒に食事をしたのも、もしかしたらこの大戸屋かもしれない(笑)


RIMG0125-s-r.jpg
Ricoh R8


気軽なこの店でも、サラダを付けた食事をして、デザートに飲み物を注文すると1700円位になる。って食べすぎかっ?!
彼女の今の状態を鑑みると、ソウルメイトと強く信じていた1年前頃のように、頻繁に逢って気持ちを交換する事もこれからはそうないと思われたので、
最初に思いついた菊名のレストランさいとうに無理にでも誘えば良かったかな・・とちょっぴり後悔する。
まぁ、彼女にこの1年ラブコールを送っていたわたしとしては、何処で逢うかなど本当は全く関係はないのだが。。。

強く信じる何かを持っていたとしても、年齢との戦いはどの世界に生きていても女子には大きな問題なんだな・・
わたしは近況を語り始めた彼女の話をうんうんと頷いて聴いていた。


DSC_0047-s-r.jpg
Nikon D90 AF-S NIKKOR 35mm 1.8G


人は刻々と変化するのだ。
でも、その本質、マインドは変わる事がないような気がする。
 
時が訪れた時、いつかのように、何人にも何事にも囚われる事無く、自由な気持ちで心を滲ませ合う事が出来るのだろうか・・
いつか、きっとそうでありたい。

隣同士、東横線の各停に揺られて、目の前に落ちる西日を、わたし達は多分同じ気持ちで見つめていた。
この時間の陽は美しいな・・・





(04 15 2013 心は移ろい 気持ちもゆらゆら)




大戸屋ランチ picasa web album







alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:こんな店に行ってきました - GENRE:グルメ
mind】 | CM(0) | top↑
Iron Skeleton
DSC_0038-s-r.jpg
Nikon D90 AF-S NIKKOR 35mm 1.8G


かつてのキャッツの跡地

ティラノサウルス・レックスみたいな奴が一日の労働を終えて休んでいた。
他にもアロサウルスともう1匹、少し小型の強暴そうな奴もいた。
はたして1匹と云う単位はあっているのだろうか・・やはり1頭、2頭か?

怒迫力の姿に、思わず写真を撮らせて頂いてもヨカでしょうか?とティラノサウルス・レックスに代表して1枚お願いした。
こんな素晴らしいスタイルを持ちながら、昼間はよく働いているようだ。
時給は幾らくらいなんだ。どこかのリース会社からの派遣なのか?

重労働でも頑張る働く重機がスキだ。
明日も朝早くから頑張ってくれたまえ。

で、ここは次、何になる予定なんだい?




(04 04 2013 一日を終えて)



1994年4月5日。
ニルヴァーナ(NIRVANA)のKurt Cobainが天国に旅立った。
キミがいたらもっと世界は面白かったにちがいない。






alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:スナップ写真 - GENRE:写真
my日がPhoto】 | CM(5) | top↑
雨のち雨、浅草の今日はずっと雨
冷たくて細かい雨が体中を濡らす。
灯りが点き始めた雷門にふぁーっとま白い湯気とカツオ出汁の香りが広がっていた。
思わず湯気の中を覗き込む。


DSC_0046-s-r.jpg
Nikon D90 AF-S NIKKOR 35mm 1.8G



ふぅふぅふぅ
こんな日はあったかいものがもっと恋しくなるんだよ。 



DSC_0042-s-r.jpg
Nikon D90 AF-S NIKKOR 35mm 1.8G


つくばから寄り道、
癖になるかも、素敵な夕暮れが。 



(04 02 2013 白く煙る雷門)





alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:マイニチがPhoto - GENRE:写真
my日がPhoto】 | CM(6) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア