| Home |
Last DayはWaltzなEve
送信者 atelier303 アトリエ303 lastday




馬車道と万国橋の境にある萬国貿易ビルはサンタマリア・ノヴェッラのポプリの香りに包まれている。
フィレツェにある世界最古の薬局サンタマリア・ノヴェッラ(Officina Profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella)の心穏やかになる香りが、わたしにはもぅatelier303(アトリエ303)の香りになってしまった。




送信者 atelier303 アトリエ303 lastday




今日はグレゴリアンチャントは響かない。
ずっと静かに、そっと静かにWaltzな午後が広がってゆく










(12 24 2011 ここから始まった人、ここで繋がった人、ここはatelier303 アトリエ303)




ATELIER 303 アトリエ 303
http://atelier-303.com/


サンタマリア・ノヴェッラ
http://www.santamarianovella.jp/






今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:マイニチがPhoto - GENRE:写真
my日がPhoto】 | CM(6) | top↑
-2.0の心ざわり
それほど耳が良い訳ではないけれど、人の声をわりあい覚えている方だ。
だからオレオレ詐欺の被害者にはならない自信はある。



RIMG0215-r



多くを語らない彼女の声を、何十回も聴いていはいないけれど
耳を澄まして伝わってくるその声には優しさと同時に強さを感じているのは多分わたしだけだろう。
最後の日に交わした声が何処からか聞こえてくる。



RIMG0226-u-r



2011年、12月9日金曜日、atelier303(アトリエ303)には希望の陽が射しこんでいた。
此処は紛れもなく彼女、SAWADAさんそのものだ。

ずっとその声覚えていられるだろうか・・・



(12 09 2011 TEHANDELクリスマス缶はシンシン冬景色) 



ATELIER 303 アトリエ 303
http://atelier-303.com/


TE HANDEL
http://www.tehandel.com/




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:マイニチがPhoto - GENRE:写真
my日がPhoto】 | CM(1) | top↑
浦安 古民家めぐり
奇妙な風景が目に入った。
文化の日の浦安散策はフラワー通りから始まる。てか話古すぎるなぁ・・


浦安一古い洋館、旧濱野医院が地に着かないまま不安気な様子で佇んでいる。 
文字通り地に着かない、木材を井形に組み、家全体をジャッキで持ち上げレールで移動する曳き家工事の途中のようだ。

移動の詳しい理由は分からないけれど、明治20年、浦安に於いて西洋医学の医院第一号として開業、およそ100年、3代に亘り開業し浦安の人々の医療に携わってこられた濱野医院を取り壊す理由は見当たらない。
現在は市の所有となって地域の人々の交流の場にもなっているらしい。

移築中だったので、中の見学も出来なかったけれど、怪しげな人物と化して外から覗き込み、当時は眼を引いたであろう可愛らしい洋館の歴史の痕跡を見てきた。


次なる旧大塚家は江戸末期に建てられた茅葺屋根の由緒ある漁師家。
農業も兼業していた住宅の広い土間は、家畜を収容したり、屋内での農作業にも使われていたそうだ。
中央の板の間は居間として使われ、神棚、仏壇が同室に設けられていた神仏混淆(しんぶつこんこう)の風習が見られる。


旧大塚家とは眼と鼻の先ほど近くに建てられている旧宇田川家は、フラワー通りに面している。
1階に呉服、米、雑貨など大商いを営んでいた店舗を構えた大きな町屋作りの商家は、隠し部屋や秘密の扉などもあった事から、客人に特別な人が訪れていたのかもしれない。
作りつけの家具や建材などにも拘り、要所要所に風水や縁起ものを用いるなど、商家ならではの密かな贅を楽しんでいたようだ。

この家で案内をして下さった泉さんと云う方のお話が実に素晴らしく、ご自身が研究されている事柄など合わせて聞かせてくださった。

泉さんにまたの再会を約束をして、この旧宇田川家を心豊かに後に、地図で散策した道のりをなぞりながら情緒いっぱいの運河を眺めつつ浦安駅までてくてく。

コインロッカーから引っ張り出した高尾山のお土産も喜んで頂けた。 
今日のその日に感謝して、ゴトゴトゴトゴト東西線に揺られ揺られて・・・



(11 03 2011 古民家を訪ねて)



 

旧濱野医院
279-0041 
千葉県浦安市堀江三丁目1番8号 


旧大塚家
http://goo.gl/QKpu8
千葉県浦安市堀江3丁目3-1
千葉県指定有形文化財



旧宇田川家住宅
http://goo.gl/l3eTT
千葉県浦安市堀江3-4-8





今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:♪♪生活を楽しむ♪♪ - GENRE:趣味・実用
空気にあたる】 | CM(1) | top↑
浦安 ピッツェリア イチロウテイ (PIZZERIA ICHIROTEI)
浦安は河の見える夕暮れがいい。 
訪ねて行くのはこれで5度目だけど、その眺めの良い防波堤に立ったのは3度。
冬を前にした風景は、河が延びるずっと向こうまで寒々した空気が広がっているだろうから、それを見てみたかった。
 
横浜から浦安へは1時間弱なのに、日本橋からは快速で15分のアクセスと聞いて驚く。
横浜は都内へは遠いんだなぁ・・・


送信者 浦安 ピッツェリア イチロウテイ


コインロッカーに重い荷物を押し込み、約束した店まで初めて通る道を急ぎ足で向かう。
駅から歩いて10分ほどの国道沿いのビルの1階に、イタリアンな外装のピッツェリア イチロウテイ(PIZZERIA ICHIROTEI)が見えた。
ドアを開けると一番手前のテーブルにNさんが可愛いニットを着てちょこんと座っている。
そうだ!朝、この席を予約したのはわたしだった・・・笑

都内にも負けない、浦安で一番美味しいピッツァの店との事で誘って貰った。
イタリアから石窯造りの職人さんを呼んで造って貰ったという薪使用の本物の石窯。
これは楽しみだ。


送信者 浦安 ピッツェリア イチロウテイ



石窯で焼くピッツァは、閉じ込められた放射熱効果で、生地の中と外の両方から遠赤外線の熱が加わり、早く焼け、水分を飛ばし過ぎないので、モッチモチでパリパリの食感が味わえる。
それもイチロウテイの石窯は薪を使っているので、窯全体が炎の熱で覆われ、その効果が更に大きい。

生ハムとルッコラ山盛りのピッツァにあと1枚は何だっけな・・。
イタリアに想いがあるNさんのお話は、まるで一緒にそのシーンに触れていたかのような気持ちにさせてくれる。
ランチには少し遅い時間で、店内はのんびりしており、来年お店をオープンする為に修行にいらしているシェフとお話をしたり、生地捏ねの写真や窯の写真など思う存分撮らせて貰った。


送信者 浦安 ピッツェリア イチロウテイ



やっぱりイタリアンってむっちゃ明るい。
ワインも進み、お腹も心も超満タン。
彼がお店をオープンしたら、必ず行こうと思う。
夢を持っている人Bravo!


RIMG0151-r



イチロウテイを出て、暑過ぎる11月3日、自由と平和を愛し、文化をすすめる『文化の日』の陽射しを浴びながら次なる場所までお散歩する。
 
 
 
(11 03 2011 夢あるシェフと夢ある写真家)




浦安 ピッツェリア イチロウテイ (PIZZERIA ICHIROTEI)
047-350-5200
279-0004
千葉県浦安市猫実3-17-19 1F
ランチ 11:30~14:00(L.O.14:00)
ディナー 17:30~02:00(L.O.01:00)
月・日・祝 17:30~23:00(L.O.22:00)
ランチ営業
定休日 年中無休





今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:こんな店に行ってきました - GENRE:グルメ
外ご飯】 | CM(3) | top↑
大磯 そば処 松涛庵 (しょうとうあん)
大磯の海岸を歩くのは、ずっと昔、中2の夏以来だろうか。。
いや、大人になってからも愉しかった思い出が1度ある。

初めて子供達だけで海に行ったのが大磯だった。
わたしは黄色、ゆり子ちゃんはオレンジ、色違いの水着を買った。
茅ヶ崎までは泳ぎに来ても、平塚を超える事は滅多になかった。

晴れた日曜日、再び大磯駅を降りた。
海岸沿いに走る1号線と平行に並ぶ東海道に出る。

松並木が続く東海道の上りは1車線の為、相も変わらず車は列をなしているけれど、わたし達が歩く歩道は、人一人すれ違う事がないほど閑散としていて、その対比が何か不可思議な気持ちにさせられるのだった。

気になるカレー屋さんがあるんだよ。と入ったCHAIRO(チャイロカレー)はなかなかいい感じの店内だったけれど、生憎2時でランチタイムが終了していた。
美味しいかどうかは分からないけれど、少し行くと蕎麦屋がある。そこを逃すともぅこの先に食べ物屋さんは無いんだ。



送信者 大磯 そば処 松涛庵(しょうとうあん)

Ricoh R8



そば処 松涛庵(しょうとうあん)、蕎麦屋さんらしい店内は幾つかのブースに別れており、例え店内が満席になったとしても、決して他の席の話が邪魔になるような事はないだろう。
和洋問わず、麺類だけは不味いとどうしようもない。

わたしは海鮮丼せいろ。
これは文字通り海鮮丼にせいろがセットされたもで、店員さんの案内で、150円増しで、蕎麦を真っ白な御前蕎麦に替えて貰った。
御前蕎麦とは、そばの実の中心部分、澱粉質な胚乳を挽いた白い粉、更科で作った更科蕎麦を言う。
Nさんは、かき揚げに少しこだわりがあるので、冷しかき揚げせいろを選んだ。
半分ずつシェアし合ったので、かき揚げも普通のざる蕎麦も味見する事ができたけど、かき揚げも油も良く、具沢山のサクサク。

こちらの蕎麦は魚沼ご出身のご店主のこだわりから、そば粉は北海道母子里産、米は新潟県魚沼産のコシヒカリを、更には、鹿児島県枕崎産の本鰹かれ節、鹿児島県枕崎産のだし昆布を使った自然素材のみのだし汁がその旨さを引き立たせている。
グルメではないけれど、とりわけ蕎麦はその素材だけでその良し悪しが分かってしまうので、美味しかった!と大満足するってそうはないんだけど、ここは蕎麦ののどごしもよく、かなり美味しかった。
 
話に夢中で、何故だか先ずはビールの写真しかないのがとても残念。 



DSC_1288-r 



(11 27 2011 でもね、あのね、何を食べるのかではなく、誰と食べるのかが大切な事なんだよね)


 

大磯 そば処 松涛庵(しょうとうあん)
http://www21.atpages.jp/syoutouan/index.htm
〒255-0004
神奈川県中郡大磯町東小磯305-7
0463-61-4740
大磯駅から680m
11:00~20:30(L.O.20:15)
ランチ営業、日曜営業
定休日 木曜日



CHAIRO(チャイロカレー)
http://www.chairo-curry.jp/






今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace




わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪




                 i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす




THEME:こんな店に行ってきました - GENRE:グルメ
外ご飯】 | CM(6) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


websta
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア