FC2ブログ
 


| Home |
花月堂 まるごと苺大納言小豆宇治抹茶ロール
花月堂のプランタンヌーボーは絶妙な美味しさだったなぁ。

どこのスイーツ屋さんでも5月、6月になると抹茶の季節と称して季節限定の商品を発表しますね。。
そもそも抹茶の季節・・ってなんだぁ~?^m^

高級なお茶を栽培する茶畑では3月春、新芽が2~3枚出る頃になると強い太陽の光を和らげる為にお茶の木に日よけ(よしずや藁、又は日よけネット)を20日ほど掛けます。
陰で育てられる事によりアミノ酸からカテキンへの生成が抑えられて渋みが少ないまろやかな旨味がうまれるそうです(被覆栽培)

被覆栽培された、日陰状態で育てられた葉っぱ(生葉、一番茶)を大切に手摘みし、蒸して揉んで乾燥させたものが玉露であります。
揉まずにそのまま乾燥し、茎や葉脈などを取り除き、葉っぱだけを砕片し、冷蔵庫で熟成させたものをてん茶と言います。

冷蔵庫で熟成させたてん茶を出荷直前に茶臼で挽いたお茶の微細な粉末が抹茶であります。
てん茶の碾(てん)は石臼の事を表しているそうなので、玉露のように育てたお茶の葉を揉まずに純粋な葉の部分だけを茶臼で挽いたものを抹茶と言うんですね。
お茶を摘んでこの間6ヶ月。


???3月に日よけして、20日間。。。
ここまでを4月として、、、
摘み取って蒸して乾燥後、6ヶ月の熟成。
???10月じゃね( ̄□ ̄;)


それとも熟成させない新茶モードのものを抹茶にしてるのかも。。。

茶席のお点前で使われる濃茶は以前は樹齢100年ものの茶の古木から摘んだ茶葉が使われていたそうですが、昨今は濃茶に適したさみどり・ごこう・あさひ・やぶきたなどの茶の木が使われています。
以前は粗茶とされていた薄茶が今は普通にお茶として呼ばれているそうです。


で、結局抹茶の季節・・・
それは解明されないままなんですが、、、、(|||_|||)



送信者 花月堂 抹茶ロール

 

花月堂のプランタンヌーボーに続く、次なるロールケーキはやはり抹茶の季節限定のロールケーキ、まるごと苺大納言小豆宇治抹茶ロール

やっとこ辿り着いた。。。^^;


あぁ、それで抹茶の季節って?って思ったんだった(∩_∩)ゞ

京都の宇治抹茶を使いふんわり仕上げた生地に大納言小豆のクリームをたっぷり巻き込んだ和なロールケーキ。
大納言小豆クリームには大納言小豆も適量混ざっていて、これは本当に美味しかったよ。

ただ、わたし的には真ん中にある苺は要らなくない?って感じなんだけど。。。
苺がこのロールケーキの味を台無しにしているような気がしたんだけど、、、
単にこの苺の味が旬じゃなかったのかな・・


送信者 花月堂 抹茶ロール


甘かったらどうだったかな・・とか、酸味があったらどうだったかな・・とか。。色々と想像してみた。
やっぱり今回の苺の味がボケていたのかもしれない。。
それぞれ個体差があるから仕方ないね~。
ま、花月堂のまるごと苺大納言小豆宇治抹茶ロール
の味は花丸でした。


お気にのロイコペのニューシグネチャーでティータイムっす(*∵*)


 

花月堂のまるごと苺大納言小豆宇治抹茶ロール

ロールケーキの花月堂


花月堂 HP
  


 

THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
Sweets】 | CM(6) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする