FC2ブログ
 


| Home |
回廊
バージンロードに繋がっているのでしょうか。。。

RIMG1496 

な訳ないですね。

THEME:ある日の風景や景色 - GENRE:写真
Photo】 | CM(2) | top↑
横浜 元町 喜久家洋菓子舗
相方がスイーツとわたしを結びつけるとしたらどんなスイーツを思い浮かべるだろう、、なんて考えた。
多分、横浜元町の喜久家洋菓子舗のラムボールとロールケーキだろうな。
ロールケーキは勝手に好きだと思っているようだ。
ラムボールはアタリ♪本当に好きなの。

茶倉でランチをしてブラフ18番館に行くまでは元町の裏通りを3人で歩いた。
元町は表の通りより断然山側の裏通りの方が美味しいお店も沢山ある。


送信者 横浜元町喜久家洋菓子舗 ラムボール


通りには両サイドに路地が幾つもあって、そこから山の方に向かう道も伸びている。
逆に中華街側、川よりの裏通りの方に向かっている路地もやっぱり幾つもある。
山側の路地から元町通りにある喜久家さんが丁度見えた。

きっとリンクしたのだろう。
わたし=喜久家さんのラムビール。
久しぶりに買ってあげようか。。
勿論買って貰った。


送信者 横浜元町喜久家洋菓子舗 ラムボール


冷凍してチビチビ食べようと思っていたんだけど、気が付いたら残り1個しか無かったよ。。。
男子2号のヤツ!
買って貰うとこを見られていたからな・・・

喜久家さんは2階がティールームになっていて、1階で販売しているケーキを何でも食べる事が出来る。
創業は1024年。
山手は多くの外国人の住宅地があり、その1軒のスイス人の夫人がケーキを焼いて欲しいとレシピを持ち込んだ。
先代が焼いたそのケーキが評判になり、次々に各国のレシピが持ち込まれるようになったそうだ。
喜久家さんが数多くのヨーロッパのケーキをいち早く世に出す事が出来たのは、居留地のご婦人方の祖国のスイーツを想う気持ちが集まったからでしょうね。


送信者 横浜元町喜久家洋菓子舗 ラムボール


ラムボールの記事を書きながら、幸せ時代を思い出すのでした。。。
いやいや、きっとこれからはもっと幸せなんですけどね^m^ 
 
自分の事ばかり考えていないで、良い事も少しずつやっていきたいと思う今日なのです♪


横浜元町喜久家洋菓子舗
横浜市中区元町2-86
045-641-0545
10:00~19:45
定休日:第3月曜日


 

THEME:スイーツ - GENRE:グルメ
Sweets】 | CM(16) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする