FC2ブログ
 


| Home |
ウルトラミラクルラブストーリー わは町子先生が好きだぁ
舞台は青森。
全編ゆるい青森弁で展開されている。
ゆるいってのは、多分本格的な日常会話だときっと絶対に分からないよね。
聞き取れる位のゆるい青森 津軽弁。
言葉はね、結構理解できなかったけど、アハハ(^◇^)映画はハートで理解するもんなんだね。笑
ストーリーは、松山ケンイチくん演じる陽人のミラクルなラブストーリー。


 

 映画 ウルトラミラクルラブストーリー 予告編(←クリックでYoutubeの別窓がひらきます)

 
すんごいサイケデリックで笑っちゃった。
垣根を取っ払った人のストレートな愛、、いやいや愛とか言うような重いもんじゃない。
素直な好き、ラヴ、、只こんな飾りを持たない『好き』を分かって貰える、受け取って貰える人は少ないよね。ぜったいに!
ウルトラミラクルなラヴな対象になる人がなかなかいないんだよ。

人はやっぱり考え過ぎちゃってるのかな。。
この頃、あんまり深く掘り下げる事が必要なんだろうかとか考えちゃう。  ね、又考えてるよね。笑
この好き!を贈る相手を発見するのもまたミラクルな事で、重力ピエロのお父さんもそうだったけど、人を想う質量の比重で愛とか好きとかの送受信能力も違ってくるから、これは深く付き合わねば見えない事も多い。
やっぱウルトラミラクルな直感かねー。


 

ウルトラミラクルラブストーリー 舞台挨拶(←クリックでYoutubeの別窓がひらきます)


この映画、彼松山ケンイチくんじゃなかったらどうだったんだろう、って想像したけど、彼無しではありえない。
麻生久美子もイイ!
真面目な不思議っぷりがめっちゃわたしのツボだったし。
キャスティングも良かったよ。
横浜監督の2作目。砂漠のようにカラッと乾いているのに、オアシスには澄んだ水が溢れている。
蜃気楼と思ってしまったらもう辿り着く事が出来ない。

劇場はマツケンのファンが大部分だっただろうけど、公開が6月6日、10日以上経ったレディースデイでの観覧はファンと言ってもファン度のレベルゲージも少し下がっているだろう。
これ単館で上映してたらもっともっとアッタカイものになっていたんじゃじゃいのかと思ったよ。
あ、でも10日も経っても満員でしたよ。

見終わって、、、やっぱマツケンええねぇー☆
すんごい好きって訳じゃなく、いつも心にいる感じなんだよなー。フフ

このウルトラミラクルラブストーリー、定規で真っ直ぐな線を書きたい人にはツマンナイと思うけど、フリーハンドありありって人は共感出来ると思いますよ。
むしろ、こうありたいと願うと思います。




ウルトラミラクルラブストーリーの秘密(←クリックでYoutubeの別窓がひらきます)



ウルトラミラクルラブストーリー 2009年
監督:横浜聡子
脚本:横浜聡子
出演:松山ケンイチ 麻生久美子 ノゾエ征爾 ARATA


横浜監督のティーチインが決定!
日付:6/28(日)
場所:ユーロスペース(渋谷)
時間:18:45の回上映後  ※ティーチインの時間は15分程度です。
上映直後のぐにゃぐにゃの脳みそで横浜監督にどんどん質問してみよう!

と言う事です☆
 

←ウルトラミラクルラブストーリー

←津軽語辞典

←津軽弁講座
 


今日もお忙しい中お越し下さいましてありがとうございます。
すっごく嬉しいです。

お返事や訪問がめっちゃ遅れています。
みんなのブログがチラツキながら気持ちは焦るばかり・・・
出来たら今日、ピッチをあげて、、
と考えていますが、 今日はくまくぅちゃんと約束したパンを焼かなければ・・
けっちん先生、ピンチです。汗
持ってる時間はみんなおんなじなのに、上手に使えていません。
ゆるゆる待っててねん♪

 

THEME:**暮らしを楽しむ** - GENRE:ライフ
映画ワクワク】 | CM(31) | top↑
| Home |
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする