| Home |Next
羊と鋼の森
久々の映画は公開初日の『羊と鋼の森』 
文字が奏でる音、精神世界はどう映像化されるのだろう


DSC_0048-1-s-r.jpg


2016年に本屋大賞を受賞した森下奈都さんの原作が持つ世界観に加え、読者の中で再構築された世界を、映画が超える事はなかなか難しいが、羊と鋼の調べにより、調律師の外村が誘われる森は非常に美しく、また、直向きにピアノに向き合う人々の姿も素敵に演じられていた。
ラストに流れる久石譲さん作曲・編曲、辻井伸行さん演奏の『The Dream of the Lambs』は、優しく穏やかなピアノの森への導きのようだ 





映画「羊と鋼の森」公式サイト
http://hitsuji-hagane-movie.com/









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:映画ワクワク - GENRE:映画
映画ワクワク】 | CM(0) | top↑
大切に繕う
ぽちっとアマゾン。
ぽちっと楽天。

いつの間にか本まで普通にぽちっと選ぶようになってしまった。
あの小さな本屋さんも、あそこにあった本屋さんも閉店させてしまったのは、大勢のわたし。

久し振りに本屋さんで本を買う。
これからはなるべく以前のように本屋さんで本は買おう。
ここは大きな書店だけれど、そんな大きな書店でさえ閉店を余儀なくされる時代だから。
大切な本屋さんを失くすわけにはいかない。
無くなってしまってからでは取り返しがつかないから。


DSC_3094-s-r - コピー


『愛らしいお直し ダーニングで大好きな服がよみがえる』
ダーニングの手引き、ダーニングマッシュルームと毛糸に糸通しスレダーが付録で付いているムック。
むふふ❤この木製のマッシュルームがお目当て。

虫食いしてしまったアーガイルのソックスを早速繕おう。
どこまで可愛く繕えるかお楽しみ♪
サクサク処分するのも小気味いいけれど、大事に大事に使い続けるって暮らしは本物かもしれない。





hikaru noguchi darning
http://darning.net/





主婦の友インフォス 
愛らしいお直し ダーニングで大好きな服がよみがえる 野口光 著
http://www.st-infos.co.jp/books/detail/id=5846










alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:♪♪生活を楽しむ♪♪ - GENRE:趣味・実用
静かに読書】 | CM(0) | top↑
注文の多い注文書
確かに、確かに!
言葉としては、なるほどよく耳にする‘その物’
でも一度として‘その物’を目にした事はなく・・・


DSC_3181-s-r.jpg

クラフト・エヴィング商會の『ないものあります』は「はぁー」「ほぉ~」「くすっ」と目から鱗の本だった。
そんな事すっかり忘れていた或る日、@seiro.fさんのigに『注文の多い注文書』へのオマージュフォト☆

もともと彼女は持つものが煌めいていて、その写真とテキストはわたしを魅了。そしてアマゾンに直行。

小川洋子さんとクラフト・エヴィング商會さんの共著。
発注者、小川洋子さんのストーリーの籠った注文を踏まえ、即したものを納品をするクラフト・エヴィング商會。
屋根裏に仕舞い込んでいた、旧い記憶の奥底から探し出してきたような、納品書にあるイメージ写真がまた魅力的。


DSC_3187-s-r.jpg


ふぅうん♪そっかぁ、@seiro.fさんのオマージュはこの世界観かぁ。
わたしも嫌いじゃない。

オマージュフォトは撮れなかったけれど、良い本のご紹介を感謝すると共にご報告を写真に残すとす。
pukkaのチャイは不思議な世界の道案内。









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:最近読んだ本 - GENRE:本・雑誌
静かに読書】 | CM(0) | top↑
映画 人生フルーツ
DSC_2842-s-r_20170414234600be0.jpg


建築家の津端修一さんと奥様の英子さんの穏やかに流れるアースな毎日をドキュメントした裂き織りのような温かな映画。
先週のレディースデー、jack&bettyで観た映画は生きる事の原点のような一本だった。

風が吹けば枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば土が肥える。土が肥えれば果実が実る。こつこつ、ゆっくり・・・・と樹木希林さんのナレーション。
千年一日。 
必要以上に蓄えず、得てきた英知は土に還し、ただ淡々と心を耕す。 
 
我らも知りうるあまた生くるものに違わず。


DSC_2841-s-r_20170414234735779.jpg







『人生フルーツ』劇場予告編
https://youtu.be/Y6geEC5-p44



映画『人生フルーツ』公式サイト
http://life-is-fruity.com/










alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:映画情報 - GENRE:映画
映画ワクワク】 | CM(0) | top↑
歩きながら考える step08 まだ名前のついていない道を行く
雨粒のピチカートが鳴り止まない 
灯りを落として文字を追う


DSC_2360-s-r.jpg


まだ名前のついていない道を行く、、、

ふと浮かぶ、芭蕉の「旅に病んで夢は枯野を駆け巡る」



どんな時でも想像の赴くままに歩いて生きたい





歩きながら考える step08
特集 まだ名前のついてない道を行く
http://www.arukan.net/










alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:**暮らしを楽しむ** - GENRE:ライフ
静かに読書】 | CM(3) | top↑
三田商店 select book store
6月のリニューアルを楽しみに伺った三田商店。
幾度も開かないドアの横の窓から覗いては店内の本達に思いを巡らす。


image2-s-r.jpg


三田さんの何を知っている訳でもないが、生き方、為人が垣間見える本のセレクションに心惹かれる。


DSC_2537-s-r.jpg



初めて購入したのは「歩きながら考える」
また1冊、素敵な本に出逢う事ができた。


DSC_2543-s-r.jpg
 





三田商店
〒220-0061
19-2 Kubocho, Nishi Ward, Yokohama, Kanagawa


三田商店 facebook
https://www.facebook.com/mitashoten/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

三田商店 twitter
https://twitter.com/mitashoten

BOOK TRUCK @mybooktruck twitter
https://twitter.com/mybooktruck









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:わたしのお気に入り - GENRE:ライフ
静かに読書】 | CM(3) | top↑
トランセンデンス TRANSCENDENCE
2014年6月28日土曜日から公開のトランセンデンスの先行上映会に金曜日に行ってきた。
ここんところヒューマンな映画ばかり観ていたので、久々の近未来ものに気持ちを高鳴らせたいと期待する。
もともとsfものが好きなので、映画を見終わる時にはすっかりその世界に染まり、地球を救うのはわたししかいない位の気合をチャージして映画館を後にする。

トランセンデンス TRANSCENDENCE


人口知能PINNを開発する科学者ウィル(ジョニーデップ)は、人間的ではないこの開発に反旗を掲げる反テクノロジー組織の過激派RIFTに銃撃された。
同業者であり良き理解者の愛妻エブリン(レベッカ・ホール)は、管理されていたPINNを盗み出し、絶命間際のウィルの頭脳をインストールする。
PINNと融合したウィルは、サイバースペースから意志を世界に及ぼす為に、エブリンに指示しひなびた街に巨大な拠点を造り上げる。

コンピュータにアップロードされたウィルの頭脳は世界中の情報を手に入れ、恐ろしいスピードで進化し、全ての個体をも再生させる意思を持つ事になる。
ウィルの頭脳がもたらすハートではあるけれど、それはこのタイトルそのもの、transcend(トランセンデンス)、超越した神とも見紛う、世界を制覇する能力だった。


トランセンデンス予告 - 映画.com


実の所、この映画を観終わってからも、これが訪れない未来ではなく、何世代か後の人類がその賛否を問われるのではないかと、恐ろしげもなくふと思う。
もはやsfはずっと以前のようなサイエンスフィクションではなく、サイエンスノンフィクションであることの方が多い。

「ダークナイト」で3部作の撮影監督を務めたウォーリー・フォスターが監督としてデビュー。
アカデミー賞4部門を受賞した「インセプション」のクリストファー・ノーランが総指揮。
「ダークナイト」のスタッフと作り上げたこの作品、流石と言って間違いない圧倒的世界観のsfであり、また人間の普遍のテーマを深く考えさせられた素晴らしい映画だった。
 
脆く壊れやすいから優しく。
失われるから愛しく。
消えて無くなるから信じる。

愛とは何か、幸福とは何か、死とは何か、永遠とは何か。


トランセンデンス ジョニー・デップ インタビュー映像 - 映画.com



トランセンデンス 
119分
原題:TRANSCENDENCE  
transcendence.jp/
2014年/米

監督:ウォーリー・フィスター
編集:デヴィッド・ローゼンブルーム
製作総指揮:クリストファー・ノーラン/エマ・トーマス/ダン・ミンツ
製作:アンドリュー・A・コソーヴ/ブロデリック・ジョンソン/ケイト・コーエン/マリサ・ポルヴィーノ/アニー・マータ/デヴィッド・ヴァルデス/アーロン・ライダー
脚本:ジャック・パグレン
撮影:ジェス・ホール
美術:クリス・シーガーズ
音楽:マイケル・ダナ
出演:ジョニー・デップ/モーガン・フリーマン/レベッカ・ホール/ポール・ベタニー/キリアン・マーフィー/ケイト・マーラ




(06 27 2014 やっぱり愛なんだよなぁ)






alice_lambi - View my recent photos on Flickriver



今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwariまりす





THEME:映画感想 - GENRE:映画
映画ワクワク】 | CM(0) | top↑
| Home |Next
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
 
Flickr
alice_lambi's photos on Flickriver

instagram Instagram



twitter
Twitterブログパーツ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


当方が不適切と感じたブログ、コメント等は削除させて頂く事があります事、ご了承ください。
ブックマーク
Bookmark and Share  
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
フリーエリア