FC2ブログ
 


| Home |Next
jam day 4.20
1902年のイギリス留学で、甘いものに馴染んで帰国した夏目漱石の甘党は有名だけれど、ジャムも相当お好きで、1905年の処女作『吾輩は猫である』の文中にもジャムに関する件が幾つかある。
何のジャムかは詳しく書かれていないが、ジャムの歴史を振り返ると、1877年に新宿の東大農学部の前身、勧農局で苺ジャムの試売、1881年には缶詰の苺ジャムの販売が長野であったと言うから、まさか林檎ジャムではないだろう。
ん、ん・・・と思っていたけれど、なんとそれ以前の1871年には農事試験場で既に試作、販売されており、1877年の勧農局での試売では桃や李のジャムもあったようなので、『吾輩は猫である』に書かれているジャムが苺とは断定できないか。。
 
夏目漱石、没後153年。
ジャムの歴史も長い。愛され続けてきたジャム。


DSC_0099-s-r.jpg


今日はそんなジャムの記念日。
試作、試売、缶詰、日本のジャム産業の発展に尽力された塩川伊一郎さんが、苺ジャムを皇室に献上した日が1910年の4月20日。
苺ジャムが広く人びとに浸透したのは1909年の明治屋の販売が機だろう。


DSC_0123-s-r_2019042100023731b.jpg


さんざん苺ジャムの話をしているのに、今年はまだ苺ジャムを作っていない。
なので、少し前に仕込んだ甘夏塩麹と甘夏のマーマレードの写真。









今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:常備菜・保存食をつくろう - GENRE:ライフ
保存食・常備菜】 | CM(0) | top↑
甘夏ピールkiran
甘夏6個をピールとマーマレード、そして粉麴を少し加えた塩甘夏に。
ピールはしっかり何度も茹でこぼし、大らかなにカットして甜菜糖のグラニュー糖で甘みも抑えてさっぱりと。


DSC_0107-s-r.jpg



DSC_0128-s-r.jpg


お菓子や料理に2次活用を考えているので、砂糖もまぶさず、大好きなチョコ掛けもしない。
とても美味しい仕上がりに、ついついつまみ食いが過ぎてしまうww









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:常備菜・保存食をつくろう - GENRE:ライフ
保存食・常備菜】 | CM(0) | top↑
干しりんご
お日さまが有り余る晴天続きには乾物作り。
キノコに野菜、そして果物も。
bioならみかんの皮で陳皮だって。


DSC_0241-s-r.jpg


残ったりんごも干してアップルティーに。
カラカラ陽気も悪くない。なんて、ここん所は雨続きだけど。









alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:常備菜・保存食をつくろう - GENRE:ライフ
保存食・常備菜】 | CM(0) | top↑
赤カブの甘酢漬けと塩麹漬け
DSC_0067-s-r_20181212235642543.jpg


ラブリーな赤カブの本体は甘酢に漬けてトロリと仕上げる。
葉っぱは塩麹でシャキシャキ漬けよう。
ピンクに変化する色も形も食感も可愛くって嬉しくなるのだ。


DSC_0078-s-r_20181212235644091.jpg


常備菜ってほどのものじゃないけれど、あるとお箸もはずんでる。
















alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:**暮らしを楽しむ** - GENRE:ライフ
保存食・常備菜】 | CM(0) | top↑
柚子風味冬瓜ジャム
a1号がサポーターをしている川崎フロンターレがVⅡ
毎度楽しませて貰って、更に喜びも貰えるって嬉しいんだろうなぁ。
どのチームのサポーターも同じだと思うけれど、雨の日も風の日も応援し続けてきた甲斐があったってもんだ。


DSC_0114-s-r.jpg


フィギュアのフリーと、スポーツが湧いている秋日和の中、一歩も家から出ず、冬瓜のジャムを楽しむのがわたしである。
大きな冬瓜は、椀物や汁物などに続けざまに使っても、それでも使い切れず、冷蔵庫の中で粘り強く居座ってしまうことも多々。
そうなる前に作るのが冬瓜のジャム。


DSC_0118-s-r_201811101830013d9.jpg


直ぐにトロトロになるのではと思われがちだけど、実は案外存在感を残してしまうので、食感が単一化してしまわないように、煮上がった冬瓜の2/3量をフープロに掛けてとろみとし、残りの冬瓜と合せる。
味が薄い冬瓜はともすれば甘みだけのジャムになってしまうので、糖分も冬瓜の1/3量で、柚子の搾り汁と皮を加えて酸味と苦みと香りの調整。
 
冷やすと甘みも落ち着いて、梨にも似た食感の、美しい冬の香りの柚子色のジャムに仕上がる。
わたしの小さな瓶詰完成。








alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:**暮らしを楽しむ** - GENRE:ライフ
保存食・常備菜】 | CM(3) | top↑
栗の渋皮煮
DSC_0084-1-s-r.jpg


秋の大事な仕事に栗の仕込みがある。
2週間前に届いた第一弾目の無燻蒸の栗3㎏。
丁度忙しさのピークだったので、取りあえず2㎏を蒸し止めし、冷蔵を繰り返しチルドを終えて渋皮煮に。
自分を過信した?鬼皮むき、渋皮の処理を夕食後から仕込み始めたので深夜を回る始末。
脱気が終わって完成したのは翌日。
結局1週間近く掛かったのかぃ・・


砂糖は少な目。
ココナッツシュガーと蜂蜜、甜菜糖のグラニュー糖も。
甘さは上品、トロリと濃厚で、栗の良さも存分に。


DSC_0188-s-r_20181011162830cc4.jpg


既に小瓶が3瓶空いた。
好い出来でありましょう。


ヒョーーー次に届いた3㎏は悲惨な事に。。








alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:常備菜・保存食をつくろう - GENRE:ライフ
保存食・常備菜】 | CM(2) | top↑
2種のみょうが漬け
夏の茗荷は結構高価なので、薬味にはいいけれど、存分に漬物に、とはなかなかいかない。
だからこの時期の少しばらけた感じの茗荷になる。


DSC_0088-s-r_201810072002523e7.jpg


秋田白神の茗荷を先ずは薄く塩漬け。
そして甘酢と赤梅酢との2種類の漬物にした。
塩漬け後だったからか、甘酢の方は少々発色が悪いけど、食感も宜しい。

ナスやきゅうりと合わせて柴漬けなど漬物のアレンジに。
夏ならもっと良いのだろうけど、千切りにしてご飯と混ぜ、白胡麻など散らしても美しい。


DSC_0166-s-r.jpg


まぁ、兎に角、こんな彩りの美しい香味野菜があると和にも洋にも何かと便利なのだ












alice_lambi - View my recent photos on Flickriver




今日もお出で下さってありがとうございます♪
みなさまにlove&peace



わたしの写真ブログ、、<春つげ人を探して>も宜しくね♪





i❤u usa315.jpg fuwari funwari まりす









THEME:常備菜・保存食をつくろう - GENRE:ライフ
保存食・常備菜】 | CM(2) | top↑
| Home |Next
プロフィール

Fuwari Funwari

Author:
Fuwari Funwari
 

     
ブログ内検索
月別アーカイブ
 
QRコード
QR
見えにくい時は
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする